2015年10月02日

冷暖自知(れいだんじち。道原「景徳伝灯録」より)

「まずは行動しなさい」
これは、禅の修行の第一と言われている教え「冷暖自知」(道原「景徳伝灯録」より)です。

分かりやすく言えば、目の前にお椀があり、そこに何かいれてあるとします。
それを見ているだけでは、冷たいのか温かいのかは、わからないもの。
自分の手で触ったり、箸をつけてみたりして初めてわかるもの。

つまり、自分自身で行動してみなければ、何もわからないという、先人の教えです。
人としての基本を身に付けるためには、行動して多くの体験を積むことが重要であり、多くのことを学び取ることができます。何かを学ぶためにも、積極的に行動しなさいということです。

これは、禅の修行の第一と言われている教えなのです。
柳宗悦の師は、世界に禅を教示した鈴木大拙でした。
どんなにたくさん本を読んでも、読むだけだったら何も変わりません。
確かに、エリートの秀才であった柳宗悦は、ありったけの本を東西から手に入れ、そして行動し続けていきました。戦争に反対することも、民族の融和のためにも黙って見ているだけではなくて、行動をしていました。よくぞ、命の危機に見舞われなかったかと思います。SEALDs の若者が平和を訴えて、法案への抗議をわずか数か月しただけで、殺害するとの嫌がらせメールが来るのですから、酷いものです。一方的な意見の

いまをときめく、サプリメント、飲料水でも大成功のサントリー創業者の鳥井信治郎も、こんなふうに行ったそうです。

「やってみなはれ。やらなわからしまへんで」

いまや、米JiM Beam社(由緒あるブランド)を傘下にいれたサントリーは、ウイスキーの本場でも折り紙つきの一位の座をニッカウヰスキーと分け合うという、世界のトップ種類メーカーとしての地位を名実ともに示すようになっている。話題になったNHK朝の連続ドラマ「マッサン」も、お世話になった恩人として登場していた。飲む前から、ああだこうだと言うのではなくて、何ごともやってみなければ成功するかどうかはわからない。それは一理です、先人たちの言葉を頂いて、真摯に行動したいと思います。

posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カテゴリ
日記(3399)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)