2015年05月05日

7人の孫がいる65歳独女性、四つ子妊娠で今夏出産予定

ベルリン在住の65歳の女性教師が四つ子を身ごもり妊娠5カ月になることを自ら公表した。これまでインドで70歳の女性が妊娠した例があるとされ、今回は世界最高齢の妊娠ではない。しかし、最高齢の四つ子の妊娠とみられる。

先月13日放映の独テレビ番組でAnnegret Raunigkさんは、「人は好きなように生きるべきだ」と話したが、ラウニックさんは結婚していないが、英語やロシア語の教師をしている。卵子提供はドイツで禁止されているため、ウクライナとみられる国外で1年半の間に外国で数回、人工授精を試みて、提供卵子と提供精子で作った受精卵を着床させて妊娠した。主治医は、母体や胎児に現在のところ問題はないとしている。

今夏に出産予定で「不安はない」と語っている。夏で定年退職する予定で、四つ子をどう育てるかは明らかではない。超高齢で妊娠した理由は「他の子供が兄弟を欲しがった」などと説明している。今まで5人の男性から精子提供を受け、13人の子供を出産。1人目は1971年に、13人目は2005年に出産した。13人目出産後はワイドショーなどにも出演して話題を呼んだ。既に孫も7人いる、子宝ばあちゃんだ。

専門家は若い女性でも四つ子の妊娠は母体や胎児に危険があり、早産や死産のほか、障害が残る可能性も高いと指摘。男性が高齢で子供をもうけるケースは珍しくなかったが、ラウニックさんは「他の何千人もの女性が使っている技術を利用しただけだ」と、ストレスこそ良くないと気にかけてないという。

参照:毎日新聞 2015年04月14日
posted by Nina at 00:00| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カテゴリ
日記(3398)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)