2015年03月03日

まちづくりのためのコンペ(賞金あり)!

どの街が、地方創生の呼びかけで生き残っていけるか、そんなことも考えなくてはいけない時代にはいってきているようだ。村じまい、過疎地対策などは離島やへき地だけだったが、人口が減少してくれば、今までのような「あるがまま」の対応だけではすまないかもしれない。そして、あるところはそれ以上に知恵を出して、さらに魅力を発揮できるように努力している。TDLが好かれるのは、常に新たな企画を加えて刷新しているからだと言われるようにだ。下記は、年間400万人の国内外の方が訪れる世界遺産・宮島の玄関口である宮島口地区にふさわしいまちづくりについての提案を広く国内外から求め、英語でも受け付けるとの事です。

当市も、次々に手を打つ必要があるし、大企業のない街だから、未来に向けて、どのような投資をしていくべきか、未来にむけて我孫子市民は考えなくてはいけない!!


「宮島口まちづくり国際コンペ」

コンペは、今後のまちづくりのモデルとなるような提案を期待し、 多様な分野に参加を呼びかけています。
現在、ホームページ上 (http://miyajimaguchi.jp) で募集要項等を公開しています。

主  催 廿日市市
共  催 広島県

応募資格 特に国籍、資格は問いません。個人または個人のグループ

使用言語 日本語または英語

提案対象区域
  廿日市市宮島口地区

テーマ
 ・メインテーマ:
  「世界遺産・宮島(嚴島神社)」の玄関口
    〜宮島口を魅力ある未来と世界へつなぐ〜
 ・サブテーマ:
  「景観形成」「賑わい創出」「アメニティ向上」など

提案内容
・まちづくりのコンセプト及び全体デザイン
 ・アーバンデザイン及び導入を図るべき施設・機能の具体的アイデア
 ・事業推進の工夫

応募作品
 冊子(論文)
 パネル(A1サイズ2枚以内)
 要約冊子

賞金総額 850万円
 優秀賞3点(賞金各200万円)、佳作5点(賞金各50万円)を予定

審査委員
 岸井隆幸、安藤忠雄、石川幹子、上田宗冏、
 橋爪紳也、堀繁、本保芳明、眞野勝弘  ほか

スケジュール
 登録受付期間:平成27年2月6日〜3月27日
 作品受付期間:平成27年5月11日〜6月30日
 最終審査・表彰式:平成27年10月17日
posted by Nina at 00:00| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カテゴリ
日記(3535)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)