2014年09月04日

女子も!男子も大活躍できる日本に

テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は3日、女子ダブルス準々決勝が行われ、クルム伊達公子(日本)/ B・ザフラヴォワ・ストリツォワ(チェコ共和国)組が第8シードのA・フラヴァコバ(チェコ共和国)/ ジェン・ジー(中国)組を6-3, 4-6, 6-3で下し、ダブルスでグランドスラム初のベスト4入りを決めた。

準決勝でクルム伊達/ ザフラヴォワ・ストリツォワ組は、第4シードのE・マカロバ(ロシア)/ E・ヴェスニナ(ロシア)組と対戦する。

クルム伊達は、1992年の全豪オープンのダブルスでベスト8進出を果たしており、3回戦で第2シードのシェ・シュウェイ(台湾)/ S・ペン(中国)組を下して、22年ぶりの準々決勝進出を果たした。そして今回、グランドスラム初の準決勝進出を決めた。

錦織圭は4回戦で第5シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)と今大会最長となる4時間19分を深夜2時過ぎまで戦い、4-6 7-6(4) 6-7(6) 7-5 6-4のフルセットで制した後、全豪覇者で第3シードのスタン・バブリンカ(スイス)と対戦。その影響があったのか、第一セットはなかなかリズムをつかめないで、戦錦織から3-6 7-5 7-6(7) で、第4セットをゲームカウント6-7 (5-7)で取られるなど、セットカウント2-2となり、勝負の行方はファイナルセット6-4の大激闘となった。サーブの切れが良くなり、本来のリズムに乗って勝ち抜いて、勝負どころと見てネット際に出た場合、確実に錦織はポイントをモノにできていた。素晴らしい集中力だ。2試合続けて4時間以上戦い、自身初となるグランドスラムベスト4進出した。同大会1918年に記録した熊谷一弥以来となる日本男子96年ぶりの準決勝進出という快挙を達成した。まだまだ、女子も、男子も、つづく躍進が楽しみだ!! 

 才能のある人たちが両性の限界に挑戦できているのは素晴らしい。かつて、女性のみが地道な介護や育児を一手に引き受けていた。今、先進国で問題なのは、女性の30歳をすぎての出産が増加していることへの対応だろう。安全保障と同様に国の将来がかかる問題ととらえて、こちらにも命がけで政治家も取り組んで頂きたい



参照:
tennis365.net

posted by Nina at 08:10| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カテゴリ
日記(3507)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)