2014年04月07日

三陸鉄道「お帰りなさい」

 福島の観光復興研究プロジェクトに加わっているので、県内でも有数の海水浴場だとされた松川浦へ行こうということになったのに、調べてみると時刻表に駅があるのにどうしても、列車の便がつながらないので「?」、一瞬戸惑った。つまり、線路が寸断されて部分運転は開始されて、バスなどで乗り継いでいくが、まだまだ前のような交通網は整っていない。海岸線が消えてしまったところもあり、いまだ目途もたたないところがあるのだから、改めてすさまじさを思う。昨日は、三陸鉄道の復活セレモニーがニュースになって流れた。そして、次なるブログも検索・・・・

::::::::::::::::
 「お帰りなさい、三陸鉄道!」という地元の方々の声が、南リアス線各駅のホームに響き渡りました
多くの支援をいただいたクエート国の国旗を振り「ありがとう!ありがとう!」とクエート国の大使夫妻に窓越しに伝える皆さんの姿は感動的でした

一駅停まる度に、私(藤原紀香)も皆さんの笑顔やもてなしを受け、多くの元気をいただきました!

「支援に感謝し復興への使命を果たしたい」と運行再開の日がくることを信じ、一歩ずつ頑張ってこられた三陸鉄道の社員の皆さん、本当にお疲れさまでした。これからも、皆さんの思いを紡ぎ、この線路を復興へとつなげていってください☆

明日は北リアス開通記念式典に出席し、宮古駅から田野畑駅まで乗車します(*^^*)

ちなみに三陸鉄道は、岩手県と沿線市町村が運営している第三者セクター方式の鉄道会社なのですよ☆ 列車内から撮った写真、たくさんアップしてみます♪

Thanks to the great support from Kuwait, SANRIKU railway was finally restored and they restarted the full operation.
I can never forget the scenery that all the people of disaster places were swinging Kuwaiti flag and sending many thanks to Kuwaiti ambassador and his wife at every single station. I really wish to express my deep gratitude and love from the bottom of my heart to the people of Kuwait.(*^^*)

出典:藤原紀香ブログ
http://www.norika.ne.jp/blog/blog_201404_6.shtml
::::::::::::::::::::

40歳になってからの藤原紀香って、いいな! って思いました。
意外でしたが、社会問題に関する発言も多く、2013年9月の頃からは「特定秘密保護法案」を危惧する発言をブログで行っていたので注目されていたと、私(海津にいな)のブログにも転載したことがある。そして、キレイの秘密は7年も加圧トレーニングを続けて、ボディを維持しているのと、健康マインドに保つあらゆるイイ事に積極的に関わる姿勢を知って、私も加圧トレを始めてみました。

大学時代に第24回ミス日本に応募して、グランプリ受賞。1995年の阪神淡路大震災の被害に会うも、家族は無事だったことからなんでも恐れずやっておこう、人の為になろうという気持ちが動き出したという。着つけ三級資格、身長171pの長身でこれも意外でした。「鍛え抜かれた肉体が好き」というのに、和も好き、高校生時代、落語研究会に入り、「親和亭カツオ」の名で落語をしたのだというのも、意外。

「三分前は過去」「一期一会」「NO PAIN NO GAIN」が彼女自身の好きな言葉だとか。なかなか、いいね❀
バツイチ、独身、素敵なアラフォー女性が結婚しないのも彼女の影響もあるかもしれない。多分、猫より犬が好きなタイプかな?!

posted by Nina at 07:40| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カテゴリ
日記(3399)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)