2013年02月03日

恵方巻き

2月3日は節分。節分は立春の前日をさし、古くは立春を1年の始まりとしたため、大晦日と同じように考えられていました。この夜に丸かぶりをすると、その年は幸運がめぐってくると言い伝えられています。「丸かぶり」とは、関西弁で丸かじりのことで、京の周辺の方たちがは巻ずし(関東でいう「のり巻」を太くしたもの)をガブリと食し、恵方(えほう)へ向けて福を内にするわけでした。巻ずしの形が黒くて太いことから、鬼の金棒にみたて豆をまくのと同じように、鬼の金棒を食べて鬼退治をする意味もあるようです。「縁を切らない」「えいほうをまるのみや〜」という意味から、そのまま切らずにガブリが正解です。

恵方は毎年変わり、2013年は南南東の富士山の見える方角になります。恵方とは十干(じっかん)により、その年の幸運を招く方角のこと。歳徳神(としとくしん)のつかさどる方角とされています。

がんばろう、我孫子のみんな!!!

参考HP:
海苔Japan 健康推進委員会
http://www.nori-japan.com/marukaburi/howto.html
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
恵方と恵方巻にはそんな意味があったとは、、。

昨日穴八幡宮へお参りして家の中に貼る一陽来復のお札を頂いてきました。
このお札は毎年貼る方向が違い、昨日も夜中に磁石で方角を確かめて貼りましたが、お札と一緒に頂いた説明書きには、確かに巳午(南南東)の方角に向けて貼れと書いてありました。

Posted by republic at 2013年02月03日 10:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カテゴリ
日記(3398)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)