2012年10月28日

ノーベル賞受賞者の対話:利根川進博士×ダライラマ法王

テーマ:「癒しに関する古代と現代の知恵 身体と心のバランス」

内容:
世界人口は70億人を突破し、空気も水も土も汚染され、貧富の差も拡大し続けている中、環境やストレスによる病気は増加の一途をたどっています。私たちが、地球としても人類としても直面している試練は、火急的でもあり複雑でもあります。私たちはまさに分岐点に立っているといえましょう。そうした問題の解決のためには、複数分野にわたるアプローチが必要となります。

そのような中で、ダライ・ラマ法王と利根川進博士との対話が実現、お二人の共通の関心事である、心と脳の関係や瞑想、多方面からの深い考察と洞察が得られるものと期待できます。 今回のシンポジウム(通訳付き)が、多くの方々に、健康な暮らしとは何かに始まり、身体と心のバランスについての古今東西の智慧や実践的な情報を提供し、ストレス社会における健康とケアに関する複雑な問題に向き合うための様々なアイデアがもたらされるものになると思われます。

どうぞ、良いお席を確保のためにお早めに当方へご連絡(ninakaizu@gmail.com)ください。 

<特別講演>
ノーベル平和賞受賞:第14世ダライ・ラマ法王
ノーベル医学・生理学賞受賞(日本初):利根川進博士
(マサチューセッツ工科大学/分子生物学・免疫学・脳科学)

<パネルディスカッション>
我喜屋まり子博士 (東京大学/国際教育・保健政策、ハーバード大学/国際交渉プログラム・シニアアドバイザー)、バリー・カーズイン(医師・僧侶)が加わる。

<司会>
ピーター・バラカン (ブロードキャスター)

日時:2012年11月13日(火)13:00開演(12:00開場)〜15:30終了
場所:ロイヤルパークホテル( 日本橋蛎殻町)
    3F ロイヤルホール
   ・東京メトロ半蔵門線「水天宮前駅」に直結(4番出口)
   ・東京メトロ日比谷線・都営浅草線「人形町駅」より徒歩5分(日比谷線:A1出口、浅草線:A3出口)

参加費:一般席:7,000円  特別席10,000円/
学生への招待枠あり(エッセイコンテストなど、詳しくはお問合せ 03-5227-5125 FAX: 03-5227-5126)

主催:ヒューマンバリュー・シンポジウム実行委員会/ 一般社団法人 ヒューマンバリュー総合研究所

協力:有限会社 オープンセンス /NPO法人 おむすびママの会 / 他

posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カテゴリ
日記(3390)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)