2012年10月10日

Words to Soothe Asia’s Tensions(アジアの緊張を和らげる言葉)

9月28日付で朝日新聞に掲載された村上春樹さんのエッセーに共感したと、中国人サイトで意見が現れている。村上氏の作品は中国でも非常に人気がある。「村上春樹が好き。彼が日本人であるかどうかは全く関係ない」 「日本人ではあるけれど、彼はアジア文化を代表する黄色い皮膚の黒い髪の人である」

 作家の村上春樹さんを讃えるこんな書き込みがいま、中国のネット上にあふれている。

 きっかけは、村上さんが9月28日付の朝日新聞に寄稿した『魂の行き来する道筋』と題したエッセーだ。

 東アジアの領土をめぐる問題については、日本関係の書籍が中国の多くの書店の売り場から姿を消す事態になったとの報道に触れ、作家の村上春樹氏が文化交流に影響を及ぼすことを憂慮して先月28日付け朝日新聞に掲載された内容だが、今度は中国人で村上エッセーを読んだ人たちから、人間としての共感が続々と表明され出したのだ。

「今日、村上春樹が発表した文章を読んで涙が出た。みんな読んでくれ。文化に国境はない!」

「村上さん、何も心配することないよ。政治は政治、文化は文化。庶民は心の中でははっきりわかっているし、何をボイコットすべきで、何をすべきでないかもわかっているよ」

 また、一方で、領土問題をめぐる日中間の緊張について、率直な考えを表明しない自国の作家たちへの批判も多く見られた。

 「日本の作家の思想レベル、発言のレベルを見よう。国内のバカ野郎たちは、(村上春樹に)比べたら粉々のクズだ」

「中国の大部分の作家は、俗に媚び、権力に媚び、金に媚びている。こんな作家はノーベル賞から1千万里も離れている」多くの村上作品の中国語訳を手がけた翻訳家がネット上で、「民族の大義」のため、日本関係の書籍が書店から撤去されるのを支持したとも受け止められる発言をした。これをきっかけに、この翻訳家の作品を「ボイコットする!」と若者が次々に表明する事態が起きた。

 エッセー発表当日の日本時間午後3時前には、中国版ツイッター「微博」で、全文の中国語訳が張り付けられたツイートが出た。これに対する「転発」と呼ばれるリツイートは3日間で1万を超え、「評論」と呼ばれるコメントは2千近くに。またたく間に村上さんのエッセーが中国全土に広がって、さらには、批判の矛先を当局の政策に向けた書き込みまで出現した。

 本日午後1時(日本時間同8時)、ノーベル文学賞受賞者を発表されるが、毎回のように候補にあがる村上春樹氏が、今年に受賞する可能性が高いとも言われている。

参考:AERA 2012年10月15日号
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////


 中国の作家、閻連科(イエンリエンコー)さんが、米紙インターナショナル・ヘラルド・トリビューン(IHT)に寄稿した文が6日に掲載されていた。村上さんのエッセーが「対話のきっかけをもたらした」とし、文学者が役に立つ時だと強調している。

 閻さんは中国社会を風刺した作品などで知られる著名作家。6日付の Global Opinions欄:Words to Soothe Asia’s Tensions(アジアの緊張を和らげる言葉)と題した文章で、村上さんとノーベル賞作家の大江健三郎さんの文章に「深く心を動かされた」と明かしている。日中の対立に対して、仲間である文学者たちから理性的な声が上がるのを待ち焦がれていたという。次のように書き出していた。

「村上春樹氏の『安酒の酔いに似ている』という時宜を得た文章を読んで、彼がエルサレム賞受賞時に発表した「常に卵の側に」という荘重な言葉同様、感慨深く、彼に対して文学を超越した尊敬の念を抱いた。これより前にも、大江健三郎氏の現在の領土問題に関する見解と談論を中国でも読むことができ、この尊老に対する尊敬がますます深まった。

 日本の作家は、率先して両国および、(弾き方次第でどんな音が出るかわからない)琴線のような東アジア情勢にかかわる明確な洞察、理性的な見解を表明し、知識分子としての人格および文章を書く者としての非凡さに尊敬の念を抱かせる。それに比べ、私は一人の中国の作家として、あまりに鈍感であり、及ばない自分を恥ずかしく思う。」

 閻連科氏はこのように自己に謙虚に、二人の日本の作家に敬意を表しつつ文章を起こしていった。閻氏はつづいて、歴史と現実の前では、文化、文学はあまりにも非力だと嘆く。中国はとても広く、多くの人々が毎日いらだちのなかで生活している。なぜ、誰のためにそんなにいらだっているのか、彼ら自身も説明できない、そんないらだちの苦痛の中で、彼らは排泄できる窓と道を待っている。こんな状況だから、中国人をも恥じ入らせるあの打ち壊しが始まったのだと。

 閻氏は破壊者への憤りとともに、彼らのやるせなさへの共感もつづる。閻氏は文学の視点から「現在の中国では、どんなことでも起こりうる」と強調する。閻氏はベッドのなかで、黙って祈ることさえあった。

 「君たちの意思でいま一度あの、人々に塗炭の苦しみをなめさせる銃声と砲撃を引き起こすようなことはしてくれるな」と。

 「戦争はあまりに恐ろしい災難である。多くの民衆にとって、戦争にいわゆる勝ち負けなどない。戦争が起これば、庶民である人々は、いつだって負け組でなくてはならない。死と墓。それが帰結なのだ。

 私は何度も繰り返し考え、問うた。あの『切るに切れない、どうにもできない』島が、なぜ誰もが抱え込んだら放さない火の玉になり得るのか。この火の玉の激しい炎を消すことが誰にできる?」

 そして閻氏は叫ぶ。理性! 理性! 理性の声のほかにない、と。中国、韓国、日本、東アジアの知識人が、みな立ち上がって理性的に話をしたら、人々の感情を落ち着かせることができるかもしれない。知識人と作家にも、役に立つときが来たのだ、と。

 長い返信の最後を閻氏はこう結んでいる。
 「私はいつも考えている。ひとつの国家、ひとつの民族の、文化、文学が冷遇され、消滅するとき、面積などなんの意味があるというのか。中国の作家として、政治は政治に帰し、文化は文化に帰すことを切に望んでいる。政治が不穏であるとき、いかなることがあろうと、まず文化と文学という世界各国の人々の心と血管と蔓を互いにつなげる根を絞め殺してはならない。つまるところ、文化と文学は人類存在のもっとも深い部分の根であり、中でも、中日両国および東アジアの人々が互いに愛し合うための重要な血管なのである。」

(原文は下記)

BEIJING − Raucous clashes triggered by the recent Sino-Japanese territorial dispute have made creative writing impossible for me. I’ve been devoting all my time to following the news, anxiously delving into every new development.

Again and again, I ask myself: What turns an interminable island dispute into a fireball? Who can put out the flames? Who can make politicians sit down to sip iced tea together and engage in calm and courteous dialogue? Where are the voices of reason?

I long for more rational voices, I long to hear from my fellow writers.

I was deeply touched after reading translations of the Nobel laureate Kenzaburo Oe’s views on the territorial issues and Haruki Murakami’s recent commentary warning of the damage caused by the outbursts of nationalism. My long admiration for these Japanese writers now extends well beyond their literary achievements.

“It’s like cheap liquor,” Murakami wrote, referring to nationalism. “It gets you drunk after only a few shots and makes you hysterical. It makes you speak loudly and act rudely ... but after your drunken rampage you are left with nothing but an awful headache the next morning.”

In the face of these inflammatory disputes between Japan and China, Japanese writers are taking the lead in bringing a measure of reason to the discussion. Compared with their humanity and courage, I am ashamed of myself as a Chinese writer for my slow response.

“I fear that as both an Asian and Japanese writer,” Murakami writes, “the steady achievements we’ve made (in deepening cultural exchanges and understanding with our Asia neighbors) will be hugely damaged” because of the recent problems.

I understand Murakami’s concern. However, I have to say that culture and literature have always been vulnerable to politics. Historically, cultural and literary exchanges have always been the first to take a hit whenever border disputes arise. It makes me sigh every time I see culture and literature treated like festive lanterns − hung out in extravagant displays whenever needed and then discarded when the excitement is over.

Again and again, I pray in these dark nights: Please, no more guns and drums. All wars are disastrous. The bloodstains of the Sino-Japanese war during World War II remain vivid even today in our collective memory.

“We are all human beings,” Murakami wrote in his powerful Jerusalem Prize award acceptance speech delivered in Israel in 2009, “individuals transcending nationality and race and religion, fragile eggs faced with a solid wall called The System. To all appearances, we have no hope of winning. The wall is too high, too strong − and too cold. If we have any hope of victory at all, it will have to come from our believing in the utter uniqueness and irreplaceability of our own and others’ souls and from the warmth we gain by joining souls together.”

I agree with him. For ordinary people, no one wins a war. Death is our only destiny. In the face of war, we are all fragile eggs.

If only more intellectuals in Japan, Korea and China could step forward and speak with the voice of reason instead of spreading hatred and indulging in emotional outbursts, instead of standing aside indifferently, perhaps we could lower the temperature and bring some much-needed iced tea to people inflamed with territorial fervor. I am painfully aware of the feeble stature of writers and intellectuals in this complex world. But I believe if we are ever to be useful, now is the time.

In his essay, Murakami mentioned that his and the works of other Japanese authors had been removed from shelves in bookstores in China. This is a surprise for me. Only a few days ago I saw Japanese literary works on display as usual in All Sages Bookstore in Beijing.

But I believe that what Murakami reported must have happened somewhere in China. China is a large country. Many people here live with anxiety every day, for reasons they themselves may not even understand. All the time, they wait for a channel to vent their frustrations. It was because of these frustrations that vandalism and assaults occurred during the recent demonstrations. This behavior not only is disturbing for the Japanese people, but also for many Chinese. As a Chinese writer, I am ashamed for my compatriots who took part in the vandalism, yet I feel for their inarticulate powerlessness and frustration.

I know it is absurd and wrong for bookstores to remove books by Japanese authors, but I also understand the concerns bookstore staff members may have. “Anything can happen in today’s China,” is a theme that often appears in my literary works. But, at the same time, a sense of powerlessness and sadness is always real for me.

I finished the first draft of my latest novel in August. The last part is filled with the absurdity and horrors that have been playing out in real life today. In fact, the ending is about what has been happening in China and Japan, and what everyone fears will happen. I am embarrassed for the lack of imagination. My novel is not an irrational prophesy of war, and now I don’t know how to change the ending. But I do know that − in any nation − if the voices of reason are not heard, disaster can strike at any time, and it is the ordinary people who will suffer.

I know little of territorial issues, politics and military matters. My love for literature and culture, however, knows no borders. Compared to those who devote all their attention to territorial aggrandizement, I am more devoted to world literature and culture.

As a Chinese writer, I long for the day when we can let politics be politics, and culture and literature will be left alone. Culture and literature are the shared bond of mankind. When political instabilities arise, I hope this bond will not again be the first casualty. After all, culture and literature are the root of our existence, and cultural exchange is about sharing universal emotions and experiences.

When culture is abandoned, when literature is discarded only to gather dust, when the root of our existence is severed, does the size of a territory really matter?

Yan Lianke is a Chinese novelist and short story writer based in Beijing. English translations of his works include “Serve the People!” and “Dream of Ding Village.” This article was translated from the Chinese by Jane Weizhen Pan and Martin Merz.


By YAN LIANKE
Published: October 5, 2012

A version of this op-ed appeared in print on October 6, 2012, in The International Herald Tribune.
http://www.nytimes.com/2012/10/06/opinion/yan-lianke-words-to-soothe-asias-tensions.html

posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カテゴリ
日記(3507)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)