2012年07月27日

ロンドン・オリンピックへ代表選手・大津選手(元柏レイソル)、平井選手(我孫子中) 

間もなく、ロンドン・オリンピックが、27日午後9時(日本時間の28日朝5時)開幕。ロンドンでオリンピックが開かれるのは、1908年、1948年に続き史上最多の3回目だ。大会は、27日から来月12日まで17日間にわたって行われ、26の競技に200余りの国と地域から1万人余りの選手が参加、今大会から女子選手も参加国全部となった。

開会式は、メイン会場のオリンピックスタジアムで「イギリスの田園風景」をテーマに、国内各地の花々のみならず、牛や馬も登場させて、イギリスの牧歌的な風景を楽しんでもらおうという演出が予定されているとのこと。「007」の映画の演出になるのではないかとか、女王陛下も何かしら加わるのではという期待や、ポール・マッカートニーが歌うのではないかなどと楽しみな状況だ。

さて、昨日は、サッカー予選で日本が優勝候補のスペインを1-0破る得点となった。
元レイソルの大津祐樹選手が、その一点をシュートした。茨城県出身、鹿島アントラーズノルテ(水戸市立第五中)、 2008年 - 2011年7月にレイソルに在籍、「最初に声をかけてくれたから」という理由で入団。レイソル時代の彼のチャントは郷ひろみの「お嫁サンバ」だとか。

〇大津祐樹選手
両親がスポーツ選手であり、本人も180cm・73kgと体格がいい。
しかし、生まれた時から小児ぜんそくのアレルギーがあったなどフィジカルに問題を抱えていた、地道な筋力トレーニングなどで徐々に改善。2年目からはレギュラーとして出場機会を得、レイソルで活躍。その後2011年7月、ドイツ・ブンデスリーガのボルシアMGへ移籍。代理人は、香川真司らと同じトーマス・クロート。同年10月22日のホッフェンハイム戦で後半39分から途中出場し、ブンデスリーガデビューを果たした。しかし、最近はベンチ外になることも多くリーグ戦の出場は3試合に留まっていた。レイソル時代の記録によると、好きな言葉は『努力』とある。なでしこのカナダ予選の際の宮間のブログコメントに男子選手たちは奮起したそうで、男女選手はともに日本の選手としてめいっぱい頑張っている。
次の対戦相手のモロッコは、試合当日は断食中(ラマダン)なのだとか・・・


〇平井康翔選手
6月10日、ポルトガルのセトゥバルで行われたロンドン五輪のオープンウォーター(OW)と呼ばれる競泳男子10キロマラソン世界予選で、1時間46分14秒6で日本人最高の6位に入り、五輪代表。日本人初の五輪出場だが、ポルトガル大会ではレース早々に隣の選手の手が顔面を直撃し、ゴーグルが外れ、右目が海水で見えなくなるアクシデントに見舞われた。しかし、持ち前のガッツで6位のゴールした。もともとは競泳の自由形選手だが「今は競泳よりも情熱を注いでいる。自分の名前を歴史に刻みたい」と意気込む。175cm、70kg。

O・Wは前回の北京五輪から正式種目となり、今回のロンドンが2回目。海や川、湖など自然の水の中で行なわれる長距離の水泳競技である。英語での名称の頭文字をとってOWと略される。競技では天候や潮汐、生物など外部からのさまざまな影響を受けやすいため、より速く泳ぐという技術ばかりでなく、危機管理も含めて自然の中で泳ぐための知識や経験も必要とされる。認知度の低い競技なので、ロンドンでは印象に残るいいレースをしたい」と話した。

平井選手には、弟がおり、同様に競泳の選手でオリンピックを目指しているが、今回は惜しくも代表の座をのがした。我孫子中学校を卒業し、康翔さんは市立船橋高等学校を経て現在明治大学4年生。柏洋スイマー所属。行きつけの美容院のオーナーと知り合いだったので、なんだか身近な感じです。
 
母校第一小と我孫子中、JR我孫子駅、我孫子市役所壁面などに7月13日、応援幕がかけられた。競泳男子10キロマラソンは、8月10日(金)午後8時(現地時間正午)にロンドンのハイドバークで行われます。
 
「皆さんに元気を与えられるよう、入賞をめざしてがんばります!」と意欲的に挑む若者代表を応援しよう!
posted by Nina at 00:00| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カテゴリ
日記(3507)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)