2012年07月19日

脱原発デモ、集会に参加しよう!

他国では、高校生などもデモに参加してアピールすることがあります。かつて、日本では女子東大生が死亡したような安保闘争があり、さらに労働組合の激しい闘争という団塊の世代の熱いうねり社会の中にあり、危険視されるようになりました。機動隊、警察で征圧し、退廃する組織的な反対闘争は社会的に終焉したのでした。大がかりなデモをする労組、時間のある大学生でもなく、普通の市民が呼び掛けて声を上げるのは大変だけど、このところは赤ちゃんを連れたお母さんまでが官邸前、各地でデモに参加することが増えています。

戦後憲法は国家ではなく国民を護るための平和憲法として多くの犠牲の上にできたものなのだから、それを護るのも未来の国民の意思がどうか、なのだと思う。今、日本の未来、世界の将来のためにもしっかり日本人は考える時だと思います。本当のところ、考えて、行動するのは勇気がいるものです。マスコミ、政治家に頼るだけではなく、戦後の二の舞にならないように行動し、声を上げるべきです。

そうしたデモ(デモンストレーション)や集会は、同じ意識を共有し、考える場であり、行動することで一歩前に進むこと、皆の未来を正直者のために創っていくためにアピールする行進なのではないでしょうか。

7.16 集会.png

M1200012.JPG

M1200014.JPG

posted by Nina at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カテゴリ
日記(3399)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)