2011年06月09日

「メルトスルー」の可能性、政府がIAEAに報告へ



6月7日 読売新聞は、東京電力(TEPCO)福島第1原子力発電所の事故で、1〜3号機の原子炉内の核燃料が溶融し、原子炉圧力容器の底を破ったメルトスルーの可能性があると、政府が国際原子力機関(IAEA)に報告すると伝えた。政府はこれまでメルトスルーの可能性を公式には認めていなかった。また報告書では、原子力安全・保安院(NISA)を経済産業省から独立させるなど、日本の原子力をめぐる安全体制を抜本的に見直す方針が示されているという。 (c)AFP/Hiroshi Hiyama

原子力安全委員会では現段階のメルトスルーで再臨界は起りにくい状況との説明
(6/6 ニコニコ動画)
http://news.nicovideo.jp/watch/nw71783
posted by Nina at 00:40| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カテゴリ
日記(3701)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)