2011年12月15日

放射線被曝研究の第一人者・崎山比早子氏、国会の原発事故調査委員に。

貴重な情報(さよなら原発1000万人アクション・我孫子市民実行委員会主催)を寄せてくれた方がいました。
----- Original Message -----
Sent: Thursday, December 15, 2011 11:00 PM
Subject: Re: 近況お知らせ


さて、崎山先生が1月に我孫子に来ます。
よかったらぜひどうぞ。
【日 時】  2012()) 

10:30 開始 (受付10:15)


【会 場】 我孫子市民プラザ・ホール

JR我孫子駅、徒歩5分)


【定 員】 先着200


参加費 500円(資料代・開催協力費)

※お子さん連れ、OKです!


<プロフィール>
崎山比早子(さきやま ひさこ)
医学博士。マサチューセッツ工科大学研究員、放射線医学総合研究所主任研究官を経て、1999年から高木学校のメンバーに。 高木学校は、プルトニウムの危険性を訴え続けた物理学者の故・高木仁三郎氏が、市民の立場から問題に取り組む市民科学者を育成するために1998年に創設した団体。 放射線被ばく研究の第一人者。 震災後の520日、衆議院特別委員会で参考人として「放射線の健康への影響について」意見陳述。 12月、国会の福島第一原発事故調査委員会委員に。



posted by Nina at 11:49| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カテゴリ
日記(3393)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)