2011年10月26日

有り難くない報道、ネット版ニュース!?

>我孫子子一小と並木小でも10マイクロシ―ベルト超え。
>詳しくは読売新聞ネット版の地方ニュースを見て下さい。

 とのメールが来たので、また市内で新たな汚染が報告など起きたのかと戦々恐々とした。ネットで見てみると、地域では旧聞な事象だが、公表が今になってされたのが分かった。ネットニュースで出たことで、対外的にも柏だけでなく、いよいよ我孫子も子育てしにくい地域と名指しされたようなものだ。それと、農家で頑張っていこうとの若手の新規参入組も我孫子にやって来たばかりのところで、農産物の出荷低迷も起きるだろう。こういうニュースが出るのは、我孫子には痛手だ。

読売新聞のネット版(10月25日12時28分)
千葉県我孫子市内の小学校2校の敷地内で、毎時10μSを超える放射線量が測定されていたことが24日、分かった。

 同市教委は立ち入り禁止の措置を取っており、「児童の安全は確保している」としている。

 市教委によると、9月7日、同市立我孫子第一小の敷地わきの側溝で高放射線量が測定されたと同小から報告があった。同月15日に高性能の測定器で側溝の地表を測ると、毎時11・3μSの放射線量を測定。地上50センチでは同1・7μSだった。側溝底の土から、1kg当たり6万768ベクレルの高濃度放射性セシウムを検出した。
 市教委が側溝周辺を立ち入り禁止とし、10月上旬までに側溝底の土を除去すると、地上50センチで同0・6μSに低下した。土は市クリーンセンターで保管している。

 また、6月には同市立並木小で、プール掃除で出た汚泥を置いていた地表付近で同10・1μS、高さ1mで同3・56μSが測定された。市教委はシートをかぶせ土を盛ったうえで、近づかないようロープを張った。

posted by Nina at 22:38| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カテゴリ
日記(3459)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)