2011年06月02日

肥料に利用する放射性物質を含む汚泥

たぶん、汚泥に汚染があるのを知る前に流通したものだと思いますが、ホームセンターに汚染汚泥を含む物が流通しています。
腐葉土とありますが、実は、価格を下げる為に活性汚泥でボリュームアップしています。
http://www.youtube.com/watch?v=9gZdaLOahAA


今までにも、流通している肥料にも1kgあたりに数百から数千ベクレルの放射能濃度はよくあるのですから,200ベクレル/kgというくらいは基準値以内ということになっています。IAEAの基準では,1kgあたりウラン,トリウムは千ベクレル,カリウムは1万ベクレルを超えると規制の対象です.基準値内であれば大丈夫とは言われても、放射線量は今まで程度か、できる限り少ない方がいいのですが・・・

家庭菜園に使う方は気をつけて下さい。


6月24日に発表した「肥料に利用する放射性物質を含む汚泥の取扱いについて」
http://www.maff.go.jp/j/syouan/nouan/kome/k_hiryo/caesium/pdf/image.pdf#search

なお、下記の部署が責任部署になります。
農林水産省消費・安全局 農産安全管理課
担当者:田村、瀧山
ダイヤルイン:03-3502-5968

https://www.contact.maff.go.jp/voice/sogo.html


posted by Nina at 18:28| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カテゴリ
日記(3701)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)