2011年08月21日

夏休みの土産話

今年、夏休みに車で信州へ行った。途中、何度か立ち寄ったサービスエリアが、今までと何か違うなあと感じた。NEXCO(日本道路公団の民営化後の2006年に公募でつけられた略称をもじった愛称:ネクスコ)の民営化初年度の決算は3社とも100億円前後の黒字を達成したというが、いよいよサービスエリアの改善、研究もスタートしだした。民間数社のアイデアが入って来ると進化、淘汰していくものだなと感じた。そこで、去年の夏に寄ったサービスエリア(韓国)の写真を何点か紹介したいと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
今まで、高速のサービスエリアでは、トイレ休憩でおりて、そこで食事するにしても決まったメニューを選ぶしかないのが定番だった。それが、去年、韓国のサービスエリアを見た時に、実のところそのサービスの良さに驚き、持っていたカメラで何枚か撮った。車を降りた瞬間から、そこはテーマパークと合体したような感じになっていた。メリーゴーランドこそなかったけれど、親子連れなら、そのままそこの遊園地エリアで遊んで行きたくなりそうな雰囲気。トイレ・エリアに足を踏み入れるとそこはエステの応接室のような広いソファーがあり、ガラス越しに中庭がある。授乳室には一つ一つにパステルカラーのカーテンがしつらえてあり、中もゆったり感がある。清掃に巡回してくるスタッフは、ソファーなどをマメにスプレイで抗菌消毒しているし、微風設定の空気清浄機もあった。用を足すだけではなくて、女性の気持ちをリフレッシュしようとの気の使いようは、日本のサービスエリアでは見られないものだった。こういう旅先での女性に対するホスピタリティは、今や韓国の方が上をいっているのではないかと思った。男性のトイレはどうなっていたのか、男性たちから特段の声がなかったので、ベビー椅子があったのか、どうなのかとかまで聞くこともなかったが・・・。

P7220899.JPGさて、お腹もすいたとレストラン・エリアに行ってみると、フードコートのように店の種類が多い。日本なら、そそくさとテーブルと椅子について、何か食べられるだけで有り難いと観念して入る所だった。一つしかない食堂なので、その店のメニューから選ぶしかない。味からして、多少高いなと思っても仕方なく支払うのだが、韓国の場合は、選べて、安くて、しかも野菜たっぷりで旨い!ではないか。昨年、そこで何を食べたかというと、“讃岐うどん”の店を選んで、うどんといなりずしにした。すると、刻みネギだけではなくて、いくつも副菜がついきて、600円くらいだった。ところで、讃岐うどんは、香川産の小麦をつかわないと讃岐うどんの商標を使わせないというのだけれど、麺のシコシコ感は本場モノだった。あとで、事情通に聞いてみると、このチェーン店オーナーが現地でちゃんと修業して“讃岐うどん”を名乗っているのだという。当然、私としても研修ツアーのモチベーションはあがり、滑り出しから印象度がアップしてしまった。旨いし、安いし、キレイで早い!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
DSC01163.JPGさて、さて、今夏、信州へ至るサービスエリアで見つけたお土産は、「東京スカイツリーまんじゅう」(栗饅頭)でした。 画像でのおすそわけでゴメンナサイ。

posted by Nina at 16:46| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カテゴリ
日記(3388)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)