2011年03月15日

高温の水蒸気と化学反応能して水素を発生!?

朝日新聞 3月14日
 
 福島第1原発3号機で水素爆発の恐れが指摘されている。原子炉内でどのようにして水素が発生するのか。 
燃料棒を包む被覆管に含まれる金属ジルコニウムは、高温の水蒸気と化学反応能して水素を発生させる性質がある。通常、燃料棒は原子炉内で冷却水に漬かっており、水蒸気に触れていないので水素は発生しない。

 だが、経済産業省原子力安全・保安院によると、12日に水素爆発した同原発1号機の場合、冷却水の水位が低下して燃料棒が水の外に露出してしまった。原子炉の核反応は停止していたが、炉内に余熱があり、高温の水蒸気が出来ていた。そこで高温の水蒸気と被覆管のジルコニウムが触れて反応したとみられる。この化学反応は原子炉の専門家にはよく知られており、炉内の水位が低下した時点で予知することも可能だ。ただ、爆発時の詳しい情報や、水素の検出データがあるわけではないため「あくまでも原因の一つの可能性だ」と保安院の職員はいう。

 原発での水素爆発は2001年、中部電力浜岡原発1号機(静岡県御前崎市)の配管断破断事故の例がある。
 


東北大地震被災は地震、津波のみならず、放射能被爆の心配も出てきている。詳しいことがなかなか分からないので更に心配だ。下記のような記事もあった。

Asahi.com http://www.asahi.com/special/10005/TKY201105120706.html
福島第一原発の事故をめぐり、東京電力が、3月14日に水素爆発を起こした3号機の原子炉建屋について、その前日から高い放射線量のデータを把握していたにもかかわらず、公表していなかったことが分かった。・・・・・
1〜3号機が3月11日の地震で自動停止。その後に津波に襲われた影響で全電源が喪失し、原子炉が冷却できなくなった。12日に1号機が水素爆発した後、3号機では13日午後から炉内に海水を注入して冷却が試みられたが、14日午前11時ごろに水素爆発を起こし、原子炉建屋の上部が吹き飛んだ。燃料棒が一時露出するなど炉心が損傷し、爆発しやすい水素が発生・・・

posted by Nina at 18:28| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カテゴリ
日記(3399)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)