2011年05月10日

Sister Akiko Sudo, Mother Treasa in Haiti

Sister Akiko Sudo, an 83-year-old nun and medical doctor who spent nearly 30 years working in Haiti, where a magnitude 7.0 quake devastated much  on Jan. 12,2010.  She has spent the past three decades treating Haitian tuberculosis patients.
須藤昭子

Longtime confusion by coup d'etat and economic sanctions by the United Nations,most of people has been poverty;unemployment rate 70%.  Sis Sudo was not going to leave Haiti, even a government used car for sanatorium staff was attacked. Under the unstable political situation ,  a riot and plunder were repeated in the town, and most foreigners escaped abroad.  
"I'll do everything I can to help Haitian people rebuild their homes and work on farms to increase the food supply, and lend your hand to Haiti longer period" she said . She decided to devote her rest of life to Haitians. 

By the big earthquake, 220,000people dead  and 750,000 children suffered from it.  More than 4,700,000,000 yen contribution to UNICEF Japan for Haiti earthquake. On return Haitian children send messages to Tohoku earthquake refugees.
 


2010年1月、マグニチュード7のハイチ大地震では、死者22万人の大地震に襲われ子ども75万人が被災したともいわれる。
日本人女性、須藤昭子さん83歳は医師で修道女の人呼んで「ハイチのマザーテレサ」と言われる。失業率70%の貧困、療養所の職員が使う政府の車も襲撃された。政情が不安定になるたびに暴動や略奪が繰り返され、外国人は大挙して国外に逃れた。こんな中で須藤さんはハイチから離れず30年以上医療支援を続けてきた。

須藤さんはハイチの人々が自らの手で復興する道を手助けしようと、地震でストップしていた農業学校のプロジェクトを再開させる。「ハイチの再建のために働きたい。そして、世界の人々には長い目で復興を見守ってもらい、力を貸し続けてもらいたい」須藤さんは、残りの人生をハイチにささげる決意を固めている。日本ユニセフには、47億円以上の義円金がハイチ支援に寄せられているとの報告があった。ハイチの子ども達は、同じ体験をしている東北の子どもたちを元気つけようと応援メッセージが届いた。
posted by Nina at 00:40| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カテゴリ
日記(3649)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)