2011年02月23日

NZ、クライストチャーチ

 ニュージーランドで大地震の被害が起きたことが伝えられている。クライストチャーチに友人が住んでいるが、連絡もとれない状況で大変に気になっている。

 ニュージーランドは小さな国だが、変革を起こす意識の高い国だと私は感じている。その一つに、女性参政権はこの国が最初に女性の参政権を樹立したことも上げたい。なにしろ、米国をはじめ、西欧、世界の女性たちを奮起させた国だった。「男性であれば、どんな人にも選挙権が与えられている。それなのに、なぜ、女性が政治に参加することが許されないのか?」百年ほど前の19世紀の終わりに、ニュージーランドの女性は立ち上がったわけでした。リーダーであるケイト・シェパード(NZ紙幣にもなっている)を中心とする、ほんの数人からの出発でした。彼女たちが始めたときは何の組織もなかったけれど、人のやれない事をする勇気があり、友情とそして行動力がありました。小さな細長い、我孫子を大きくしたような地形の国の中ですが、女性たちは団結していきました。なんと彼女たちは、それぞれに子どもを抱えたり、また仕事に追われる多忙ななかで、地域や職場など、あらゆる場を通して、女性の声を結集し駆けまわったのでした。

 ニュージーランドの女性たちは国会への請願を幾度となく繰り返し、挫けずに闘いました。座して不遇を嘆く、そんなことは彼女たちは考えませんでした。“共鳴者が増え、国会が請願を却下できなくなるまで、全力投球で戦い抜きましょう!いつか、必ず、私たちの正義の声を国中に聞かせてみせましょう!” この揺るがぬ決心を貫き、地道に、着実に、辛抱強く、7年にわたって連帯を広げていって、ついに3万を超える「婦人参政権を求める署名」を国会に提出しました。これは、当時のニュージーランドの成人女性のじつに約1/4にも当たるということです。これだけの民衆の声を前にして、頑迷な政府も動かざるをえなかった。1893年、世界初の婦人参政権(米国では黒人参政権が1870年に与えられたが、女性の参政権は1920年に実現)が、実現されたのでした。つまらない事かもしれませんが、私はこの話に感動し、クライストチャーチにあるその碑文を見て感動をしたました。そして、翌年11月に私は立候補、市議に初当選したのでした。

 
 ご存知のように千葉県民は、首都圏初(全国で3番目)の女性知事が01年に誕生させました。しかし、「男女共同参画条例」を制定しようとした際に男性ばかりの千葉県議会からは大反対が起きて否決されました。その事をしった私の知り合いらが、最大会派の自民党県議の中の女性議員にアプローチをしようと考えましたが、女性議員が一人もいないことが分かりました。投票にはいくけれど、県議会が開催されてもどんな話し合いがされるのかはお任せするだけでいたことのツケでした。そして、皮肉にも全国で条例がない唯一の県になっています。私はそれから県議会というものに関心をもちました。本当に国民(市民、県民)の生活が実のある物になるためには、政治に女性がある程度のバランスで議席にいる事は必要だと思っています。

 こういう事は男性にとっては、どうでもいいと関心が薄いのだと思いますが、男性も本当は妻や子どもの扶養責任をもたされて、ところが家庭の采配は奥さんに握られ、お小遣いの決定権も握られ、子どもは奥さんの言う事しか聞かないのでは、つまらないのではないかしらん。今は、男女平等などという言葉が死語のような感ですが、それでも経済的に、社会的に、男女の差があり、男女の役割分担が因習、経済格差として残っています。幸か不幸か、日本の主婦は日常的には財布のひもを握っているので、欧米の女性たちと違い家事運営の中心となっている自負もあり、実質的な不平等感が希薄になりがちでしたが、人生の最期においては独居となったりする社会的弱者になりがちなのが長寿の女性です。黙って耐えるというのも一つの選択ではあります・・・・。我孫子市民の生活を考えるのはとても大事です、千葉県民、日本国民の生活を考えるのが大事です。

 幸い、我孫子市議であれば政党や会派の意思に左右されず、市民の声を大切にして、地元のしがらみとはまったく無所属で、7年間を邁進しました。地域の事を考えるために、それをいい形で実現するのに地元の事だけ知っていればいいのではなくて、近隣市はもちろん、世界にも目を向けて、取り入れられることは何でも取り入れるべきだと、勉強をつづけ、考えてきました。そして、私は政治を特に女性の人権から考え初めましたから、世界の女性たちの中にまだまだ不平等の為に泣いている人は沢山いるので、常にそういう女性たちにも目を向けています。「みんなの党」も、女性議員は私の議員仲間くらいですが、このように女性は意思決定の場には遠いところにいるのに気付き、既成社会の不備な点を変える為に努力していこうと考えました。私の政治の原点は、クライストチャ―チの女性たちの勇気と決意にあります。政治で最も大事な”生活を重視”していくよう、私はこれから「みんなの党」で頑張る所存です。

義捐金募集が呼び掛けられたらカンパしたいと考えています。

posted by Nina at 10:43| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カテゴリ
日記(3398)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)