2011年01月26日

韓国人留学生ら新大久保駅の 悲劇から10年 


 東京都新宿区のJR山手線新大久保駅で2001年1月、線路に落ちた男性を助けようとした韓国人留学生の李秀賢(イ・スヒョン)さん(当時26)らが亡くなった事故から満10年となる26日、李さんをしのぶ会が千代田区で開かれる。「10周忌」の節目を機に父親の李盛大(イ・ソンデ)さん(71)が初めて講演し、日韓の懸け橋になることをめざした息子について、思いを語る。
 しのぶ会は毎年、命日に合わせて都内で開かれてきた。満10年の今回を区切りに最後にするが、日本語学校に通うアジアからの留学生への奨学金事業はこれからも続け、李さんの勇気ある行動を語り継いでいくという。
 事故が起きたのは01年1月26日午後7時15分ごろ。新大久保駅でホームから落ちた男性を救おうと、李さんと、カメラマンの関根史郎さん(当時47)が線路に飛び降りたが、3人とも電車にはねられ死亡した。李さんは「日本の文化と言葉を学びたい」と来日し、まもなく帰国する予定だった。
 李さんらの行動は多くの共感を生み、両親のもとには多額の見舞金が寄せられた。両親は李さんと同じように日本語学校で学ぶ留学生を経済的に支援したいと、奨学金事業を発案。02年に運営するNPO法人「エルエスエイチアジア奨学会」が設立された。これまでに韓国や中国、ベトナム、ネパール、インドネシアなどの留学生485人が奨学金を受けている。
 奨学会副会長の新井時賛さん(61)は「彼の志を受け継いでもらいたいと奨学金事業を続けてきた。事故が風化しないように、草の根の運動をできる限り続けていきたい」と話す。

 今回のしのぶ会では、黙祷(もくとう)や献花の後、盛大さんが事故以来の思いや、奨学金創設に込めた思いなどを通訳を介して話す。その後、用意された質問にもこたえる。

Asahi.com 2011年1月23日

写真:来日まもない2000年5月、浅草三社祭を訪れた李秀賢さん=エルエスエイチアジア奨学会提供
来日まもない2000年5月、
浅草三社祭を訪れた李秀賢さん
=エルエスエイチアジア奨学会提供









 
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カテゴリ
日記(3507)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)