2010年09月06日

9月質問の概要

 毎回、議会の質問のために通告を出します。通告用紙に内容を決めて、〆切(議会初日の5時まで)出して、くじ引きで順番が決まります。そのため、皆さまに質問日をお知らせできるのは一週間前のぎりぎりとなります。そして、質問する議員たちの順番などがHPに掲載され、日時と質問項目が公表されるのは更にそれよりも遅れます。
 御都合のつく方は、9月8日(水)午後1時半以降の海津にいなの質問に傍聴にいらして下さい。
         

                                    
1)市長の‘07選挙公約と今後の市政方針
@星野市長は次期選挙へ立候補表明をされているが、07年選挙時の公約がどの程度達成されたとの認識なのか。今後、どの時点で自己評価をされ、市民に明示されるか。 ア)まちづくり・経済活性化策(成田線・常磐線の利便化、16号バイパス、住工混在解消、商店街の活性化、SOHO 、コミュニティビジネス)として何を実現、達成したか イ)水と緑の創造政策(手賀沼の完全再生、市民農園、地産地消・食育)について何を実現、達成したか ウ)市民生活の安心・安全政策(自主防犯組織、介護予防・介護負担軽減、緊急医療体制、精神科窓口の設置、いじめ問題の専門窓口、保育園・学童待機ゼロ)について何を実現、達成したか エ)市民重視の行政改革(福嶋市政の市民協働の継承、退職金の見直し)について何を実現、達成したか  A特に、経済活性化に熱心に取り組み大型計画をされると主張されていたが、南北自由通路を含む駅周辺の活性化、工業系土地利用の計画、16号バイパス(千葉柏道路)もリーマンショック後の経済不況、円高などを踏まえると凍結(取止め)と思える。むしろ、常磐線各駅周辺活用についての市民の不満、成田線駅の問題点、公園坂など等道路整備、文化ホール再建など、計画を進捗すべきが手付かずではないか。 
2)サステナブル・ツーリズム(観光によるまちづくり)を目指す
 ア)地域活性化へ取り組む観光の国際化、都市交流LOHAS、Cittaslow白樺文学館・柳夫妻の位置付け 文化財の保存、古墳出土品 イ)創造政策マルシェ/アンテナショップ、看板、道路 イベント・催し、ブランド作り(カレーとパスティ)  手賀沼PR あびこDC  ・ウ)安心・安全の取り組み利用者の為の駅周りの改善:ホスピタリティ平和市長会議参加首長によるシンポジウム  環境行政(ふれあい工房、ごみ) ・エ)市民重視で取り組む祭りへの評価、対応 (花火募金額は2,682,979円)観光情報けやきプラザ11階施設市民ガイド 3)農業政策の課題自治紛争処理にかかる状況だが、いよいよ農政の力量を磨く必要が大きく、さらに情報収集が重要だ。どのように取り組まれ、どう考えていかれるか ・緑地保全策・農業後継者への対策・企業との共同開発 4)自殺、癌、幼児虐待への相談窓口増える自殺、癌への相談窓口が必要、また、幼児虐待などを未然に防ぐ対策に工夫がいるが、どのように対応されているか。 ・自殺、癌への相談がしやすく、窓口が分かりやすく・幼児虐待への対策はどうか。

posted by Nina at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カテゴリ
日記(3388)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)