2010年06月30日

成長するスカイツリー、去りゆく市民会館

我孫子や柏の特定の個所からスカイツリーが臨める場所がある。常磐線からも走りぬける最中に見える箇所があるし、都内を車で走るとビルの合間から見え隠れして、誰もがその成長を楽しみにしているこのところです。
さて、一方で我孫子市の旧市民会館が取り壊し作業が進んでいる。取り壊しの時に問題になるのがアスベストだが、検出された市民会館電気室はホール屋根裏にロックウールが吹き付けられていることが判わかったため、アスベスト含有の分析調査を実施したところ、アスベスト(25%)が含まれていた。ロックウールは露出していないため、ホール内にアスベストが飛散する恐れはありませんが、安全確認のためホール内のアスベスト粉じん濃度測定を行い、数値は0・5本未満/ℓで、飛散についてまったく問題のないことを確認できた。今も、解体作業は我孫子市のアスベスト処理の規定などに従って丁寧に行われている。
posted by Nina at 00:00| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カテゴリ
日記(3399)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)