2010年06月13日

我孫子を想う、ほっとな街づくり

我孫子市制40周年を祝う市民からのメッセージが相次いでいます。

一つは、エベレストからです。 市内の登山家・倉岡さん(写真右)からです。
エベレスト.jpg「倉岡さんは、8月21日(土)我孫子駅前の「けやきプラザ」で講演会を行います。詳しい内容がわかりしだい、広報あびこや市のホームページでお知らせします。

 我孫子市の市制40周年記念に大きな華を添えてくださり、ありがとうございました。」と市ホームページにあります。     Photo by S.Moreau




また、最近はアマチュア無線家の集まりでも、市制40周年記念局の取り組みがされていました。
19日には、根戸近隣センターで記念局の公開運用をして、アマチュア無線のノウハウを手ほどきしたり、ハム(アマチュア無線)に関する質問にお答えするそうです。市の防災への協力もしていきたいと頑張っている会です。無線局運用.jpg

さて、明日から、いよいよ議会質問、そして常任委員会での審査が続きます。質問準備のため、資料をそろえ、原稿つくりのツメをしています。議会直前に配布された「中期財政計画」(P6)の政策的財源の大幅削減(H21年度比で3割超減、二年後には1/3)の数字を見ながら、海津新菜はだからこそ“ほっとな街づくり”を模索していく必要がある考えます。国は、ない袖は振れないから臨時財政対策債(たくさん借金をしてもいいですよという枠を広げてきた)を大判振る舞いとなって、あっという間に、起債を減らす方針だったはずの市は計画を変更しなくてはならなくなったのです。 だったら、財源を作りだすソフトな開発を市民力で作り出すことです。それに成功しているの町は、小さいながらも町の住民が結束している自治体が多いのです。

市民の皆様のお知恵、協力が、これからの街づくりには欠かせません!
どうぞ、よろしくお願いします。

posted by Nina at 17:37| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カテゴリ
日記(3535)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)