2010年04月08日

男女共同参画社会の推進

昨日、今日と市内の小中学校で入学式があった。ようやく桜が青空に映えて美しいうすべに色に満開になって、春を感じさせる。私が議員になってからのこの7年間で、入学式の光景も随分と変わった。小学生の保護者席にはパパ・ママほぼ同数だったし、パパが第二子を抱っこする手も手慣れたものなのに驚いた。中には、子供を膝に乗せてビデオでの撮影もしていて、ママは傍らでくつろいでいる雰囲気だった。

私の頃の子育てでは、お父さんが卒入学式に来るなどはあり得なかったが、7年前のこの時期に通りに背広を着た若い男性がいると会社に遅刻した人だろうかなどと振り返ると奥さんと思しき女性が傍にいて、ヘェ〜小学校の入学式にパパも参列するのかぁなどと内心驚いていた。それから年ごとにパパの参列が増えて、今では小学校のみならず中学校にもパパの参列が増えた。あ〜、ワークライフバランスがもっと早く実現していれば、子供の成長を父親達もしっかりと見守れたのに、不登校やニーとなどの子供の問題が相当数回避できたのだろうになどと思ったりした。

お昼のテレビでは、宇宙に滞在中の山崎直子さんの夫と娘さんがインタビューに答えている映像が映し出された。不意に宇宙からの電話をもらって、サプライズのメッセージを受け取って涙ぐむパパを娘が逆に気遣って抱きしめていた光景は、パパがママを心配し過ぎて張りつめているのを子供ながらに感じ取っているナイーブさを表していたようにみえた。ママがミッションを果たすために子育てする日本のパパの新たな頼もしいイメージにみえた。18日にNASAに戻ってきたら、ずーっと先延ばしになっていた結婚式をするのだと語っていた。どうも宇宙服を着てウエディングセレモニーをする、世界初のカップルになるようだ! 日本のパパは一段と素敵になって、これまでの日本人男性のイメージを変えるのではないだろうか。男女共同参画社会、ジェンダーという言葉を忌嫌う議会でのやり取りもあったけれど、着実に子どもたちは男の子も女の子の区別なく、それぞれの夢を描いてジェンダーで阻まれることなく、育っていけるように思えた。

私は山崎さんのヘアースタイルをまねて少し髪を伸ばしている。山崎さんは宇宙に若手ファッションデザイナーに注文して、オシャレにも気を使っているという。NASAのオレンジスーツの似合うママさん宇宙飛行士がスペースシャトルに合流して、日本人初の宇宙での男女共同参画推進です!!!
posted by Nina at 18:25| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カテゴリ
日記(3651)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)