2010年03月19日

ロビイ活動、意見調整、議決

クロマグロの保護か、捕獲かと世界中の論議になっている。まさに日本の食文化である寿司がグローバルな食文化になっていって、シーシェパードの攻撃を回避する世界のネットワーク作りだした、逆転勝利の結果になった。あとは本会議に向けて更にロビイ活動を確実なものにすることだろう。日本は、国際社会で負けてばかりいない。

プリウスだって、そうだろう。なぜあれだけ米国でたたかれ、ブレーキ事故が起きていると言われるが、日本での対処は部品の交換でスムースに対応されている。米国ではプリウスに乗って止まらなくなったという男性が弁護士と共に訴えたが、その乗っていたプリウスで再調査してみると本人の自作自演が露呈したというではないか。正すところは正すべきだが、主張するべきも主張出来なくては民主主義ではない。欧米に常に頭を垂れ、口ごもってきた日本だったが、今や議論の場は公開される。

yosan.JPGさて、我孫子の議会は、予算審査の真っただ中だ。3日間の最初の2日を終えたが両日とも閉会したのは、9時だった。そのくらい審議に時間をかけるのはあたりまえだろう。我が夫や娘たちはその位の時間まで働くことはしょっちゅうだから、驚くには当たらないと思うが、しかし、それでも8時間以上も会議をし続けるというのは、そうはない光景と思う。

我孫子の女性議員7人のうち二人は、代表として審査に加わる一方で5人は傍聴という形で、論議を聞きながら各人が意見を交わしている。ある種のロビイ活動が行われる。男性はというと、議会にいらしていない方々も少なくはない。これまで多くの家で財布のひもを握るのは女性だったが、我孫子の場合も女性議員が増えてから、だいぶ予算の見方が細かいことまで指摘してくるようになってと閉口気味に言われるようになったが、これって大切なんだと思う。市民感覚とはそういうところではないだろうか。分からないことを市民に代わって聞く議員たちがいるのを知って、本当に市民が税金を出していくことに納得を得られるのだと私は思う。

ブログに新たなコメントが寄せられた、「知らされていないことにどう対処したらいいのか」という事だが、確かに、短く簡潔に知らせる事は難しい。しかし、“知ろうとしない”のと、“知ろうとしている”のとは大きな差があるとおもう。知らせる努力と共に、知ろうとすることにも努力がいるのではないか。そうすることで少しずつその間隔が狭まっていくと思う。信頼があってこそ反対の意見も言えるし、思想信条、立場が違っても賛成を得る(我孫子の場合は、こう考えるなどど)こともありうる訳だ。

意見は千差万別、相手の話を聞こう、立場を理解しようとも思わないとなかなか折り合わないし、不毛だ。40年たっても折り合わない、クジラの捕鯨は、主張もかみ合わず結論もままならないどころか、グリンピースは日本の船にひたすら威嚇するが、そもそもクジラの乱獲をしてここまでの事態にいたらしめたのは欧米ではなかったのか・・・。65億人以上になるだろう人類が地球に共存するために、話し合うための情報を共有すること“知ろうとすること”は大事だ。

最後の3日目の予算会議の結論はどうなるか、まず、5時に終わると言う事がない事だけは確かだ。
posted by Nina at 09:24| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カテゴリ
日記(3507)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)