2010年02月11日

女性の会合

P1290587.JPG最近、女性農業従事者と女性議員との会合を持ちました。 政治も農業も女性はマイノリティー、それでも我孫子の女性議員の場合は県内でも女性が多い25%(前回選挙の時は40%)で、全国レベルでも女性比率が高い。ところが、農業では女性抜きでは考えられないくらいで頑張っているのに、我孫子の中は特に保守的だという。会議に出席しているなども家族は好ましく思わないし、周囲からは何を言われるかわからないのでと言われて、写真は農業者の顔は写さないで女性議員の側の様子にした。千葉県の中でも特に保守的だということで、お隣の柏は我孫子よりもまだ良いそうだ。

かつて、我孫子の女性議員の草分けの方から話を聞いたが、立候補のいきさつは、参議院議長までするような国会議員の男性から何度も要請されてと言う事だった。男性のリーダーが女性を活用しようとする視点があるかないかで、社会の変革が早く進むかどうかが決まったわけだ。女性達が頑張ってくれるから、直販所など活気が出てきたのだと聞いたけれど、それでも実態は農業委員に女性は一人も入れない。意思決定の場は、女性には更に立ちはだかる
ものが大きい。社会には、一筋縄ではいかないことがたくさんある。

 

posted by Nina at 23:53| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カテゴリ
日記(3399)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)