2010年02月03日

Lucks in!(福はウチ)

   節分の行事は宮中での年中行事で,平安時代頃から行われている矢で鬼をはらう中国の風習から、「桃の枝」への信仰にかわって、それが炒った豆で鬼を追い払う行事となったということだ。最も古い記録は1447年(文安4年)の『臥雲日件録』に「鬼外福内」を唱えたと記されているのが残っている。これは、季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考え、それを追い払う目的があった。炒り豆を用いるのは、旧年の厄災を払い捨てるものだからで、撒いた豆から芽が出ては宜しくないからだ。

 豆は「魔滅」に通じ、一年の無病息災を願うゴロ合わせでもある。5つ、6つの子どもの頃は、祖母に年齢の数だけ食べられると言われ、大人はたくさん食べられてイーナァと思ったものだったが、この頃は年の数だけ全部食べるのはギブアップだ。北海道・東北・北陸・南九州では 落花生を撒くが、殻ごと撒くから地面に落ちても食べられ合理的だ。また、一部の地域では、縄に柊やイワシの頭を付けた物を門に掛けたりするところもある。

 母が
厚紙で鬼のお面を作ってくれて、大騒ぎをして家族で豆撒きをしたのを思い出したり、我が子と豆撒きをして盛り上がった頃もあったが、最後に豆撒きしたのはいつだったろう。この頃はウチも外も撒くと掃除が間に合わないので、袋から出して口に運んで福はウチである。新年度の予算編成を3月に控えているので、それこそ福はウチ(我孫子にイイことを引っ張り込みたい)しなくてはと考える。さて、明日は豆ならぬブルーベリー剪定作業を見学に柏の農場に行くが、良い目が出る恵方であるよう期待しよう!

Roasted soybeans (called fuku mame ) are thrown either out the door or at a member of the family wearing an Oni (demon) mask, while the throwers chant "Oni wa soto! Fuku wa uchi!" . The words roughly translate to "Demons out! Luck in!" The beans are thought to symbolically purify the home by driving away the evil spirits that bring misfortune and bad health with them. Then, as part of bringing luck in, it is customary to eat roasted soybeans, one for each year of one's life, and in some areas, one for each year of one's life plus one more for bringing good luck for the year to come.手(チョキ)
posted by Nina at 18:32| 千葉 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は 1970年2月 生まれで 現在 失業中で 求職中です。

だから 早く 仕事が見つかるように 太巻きを食べて 鰯も食べました。

けれど 肝心の豆がなかったので 豆まきができませんでした。

だから 当分 仕事がみつからないかもしれません。
Posted by ふくろう at 2010年02月03日 23:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カテゴリ
日記(3399)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)