2009年12月24日

Homestay in Abiko

      Abiko city is firstly incredibly full of nature, crossing river along city, surrounded by greenies, and even people in this city are highly hospitable and kind. In fact through Turkish view, Abiko is overwhelmed and attractive. I guess that it is a small sample representing whole population of Japan.     It was my concern with Japan that food and life style which is quite different from mine. However, I didn’t have any difficulties with such concerns while I was there, even when I left for my hometown, I felt that I missed what I tasted and experienced with people in Japan.    

     Additionally, preserving traditional life style is so much impressive for me, because of that I like classic and traditional life. I especially attended tea ceremony three times being very popular in Japan. I was so pleased with exposing to Japanese traditional life. For examples from tea ceremony; sitting on the knee, bowing after each performance, holding the cups differently, tasting homemade cookies and so on. These things I have never seen before are really beautiful, furthermore I strongly suggest for Japan, particularly Abiko People to preserve such important customs to eternity.

     As for my culture and country, Turkey, previous name called Ottoman Emperor; I will give some details about related history. Ottoman in the past had been a great symbol of Islam and reflecting its mission into real life such as given freedom and justice for each community, constructed huge mosques, bridges and others so that it became peacemaker of the world. Additionally, it may be seen that many Japanese tourists travel to Turkey in order to visit a lot of historical places. I strongly hope that reputation temporally obtained in the past might renew  in the following years.

     I heartedly thank you for given this kind chance to express my feelings about Abiko and Japan.
                                                                              Mstafa(Turkey)
          「Mustafa (トルコ出身)の我孫子滞在記」
 
 
我孫子市はまず第一に信じられない程自然に満ちています。街沿いに川が流れ、緑に囲まれ、街の人々はフレンドリーで親切です。実際トルコ人の観点からすると、我孫子市はとても素敵で魅力的な街です。私は日本の国を代表する小さな見本だと思います。                日本の食事と生活スタイルが自分の国とかなりかけ離れているというのは心配でした。しかし我孫子に滞在してみて、また帰国してからもそのようなは事はとるに足らない事になりました。むしろ、私が日本で日本の皆さんと味わったり、経験したことがなくなり寂しく思いました。
更に言うならば、私は古典的で伝統的な生活スタイルが好きであることもあって、伝統的は生活スタイルが保存されていることがとても印象的でした。私は日本で普及しているお茶席に三度参加しました。私は日本の伝統的な生活に触れられたことをとても嬉しく思います。例えば、お茶席でのことを言えば、正座し、作法ごとにお辞儀をし、茶器をそれぞれに持ち替え、手製のお菓子を味わいました。私はこんなに美しいものは見たことがありません。日本の皆さん特に我孫子の方々にこのような大切な習慣をいつまでも保存していただきたいと願っています。


 さて、私の母国トルコ(以前オットーマン帝国と呼ばれていた)の文化と国ついて簡単なご説明をします。オットーマンはイスラムの偉大なシンボルでそれぞれの地域社会へ自由と正義をもたらし巨大なモスク(イスラム教の寺院)や橋を作り世界の平和を目指しました。更に言うならば、この歴史的な場所を見学するため多くの日本人の方がトルコを訪問しています。私は過去に仮に得られた評判が次の時代に新たなものになることを強く希望しています。


 最後に、私は我孫子市についての私の印象を表現するこの様な機会を与えて頂いたことに心より感謝致します。

 
          訳/中村 敏・NPO住み良いまちづくり研究所のアドバイザー

posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カテゴリ
日記(3388)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)