2009年11月01日

庭先セール、出会いのスポット

    もうかれこれ庭先セールを10回近く開催しています。

                Gパンにぴったりのを見つけたと、いい笑顔庭先.jpg
PA230491.JPG 
↑子どものお店の小学生店長さん

   (出店料なし、収益もご自由に) 

 始めたのは消費者の会から、会場を提供してと頼まれたことからでした。20年もの会員なので、リサイクルの大切さは考えていましたが、市議選に当選して数カ月のころで、しかも二回目の3月議会の準備をしながら、リサイクル品の準備が出来るだろうかと不安(値段タグ付けは時間がかかるのです)もいっぱい、自宅の不要品も一杯でした。何とかリサイクルも終わり、やれやれと立派な庭先セールの立て看板を早く返す事ばかり考えましたが、見ていた子どもさんから、私もやってみたいと言われてもう一回とやることになりました。すると、またやりましょうと近所からも声がかかり、福祉作業所(知的障害の方たちが働く)の紹介と品物を販売するなども加わり、3回目、4回目・・・昨年は5周年でした。

 リサイクルもですが、地域コミュニケーションにもなってきているようです。
庭先セールの際に、キャッチコピーまで考えてくれる人も出てきました。「花いっぱい、春一杯」(なじみの花屋さんが花のポットをたくさん持ちこんでくれた)、「イーネ、いーね、稲」(5周年で、先着50名稲穂のプレゼントは知合いの農家さん)もあり、「春だ、元気だ」(エステの癒し系の品物がありました)、そして今回は「ちょっと変わった庭先セール」でした。

 今回(10/31)は、ご近所の素敵なお家庭先セール.jpg(隠れ人気スポット)で、ハロウインでハワイアンのウクレレ演奏をしたいが加わり、キャッチコピーが決まりました。しかし、その日はいつもよりお客さんの応対に追われてしまい、ご本人もリサイクル品を売ったり、おしゃべりに大忙しで演奏会は実現しませんでした。前回は、特選新米が人気で、近所の外国人ファミリーが日本のお土産にすると買っていき、今回もまたやってきてハロウインの飾り付けを喜んでくれました。ご近所さんのはからいでエステの癒しグッズが並んだこともあります。ワンコイン整体で協力しますとの申し出もあり、次回のお楽しみです。



 ↑坂の上の隠れ人気スポットでも、リサイクル参加

 春の桜の華吹雪の舞う中でお抹茶と特製和菓子(福幸)を頂いた日もありました。美味しい、いい思い出です。今回は、その和菓子屋さんがハロウイン用PA240492.JPGにとここだけ限定のかわいいハロウインのカボチャの顔を練りきりで作ってくれて、お茶席に寄ってくれた数人で堪能しました。私は、練りきりは特製の餡になっていて、楊枝で切ると何層にもなっているこったお菓子で、余りに素敵な仕上がりの顔になっているので食べるのがもったいなくて、ひとつ持って帰り冷蔵庫にしまいました。和菓子屋さんは色々なお菓子のテクニックをもっていて、手の込んだお菓子も作れるのです。しかも、小さくて何個も食べてもカロリー低めのダイエットです。今度はなにかなと楽しみになってきています。数がないので宣伝はしませんが、食べられた人はきっと幸せ気分になります。


 庭先セールに来て下さった方から、嬉しいメールを頂きましたので次に紹介します。
posted by Nina at 12:20| 千葉 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
庭先セール
私も参加させてもらいました。
楽しい出会いがあり、とても貴重な時間でした。
帰りに弥生軒のから揚げそば食べました。

私も自分の庭先でやってみようかな、
なんて思いました。
Posted by 大津恵子 at 2009年11月08日 17:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カテゴリ
日記(3388)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)