2009年10月23日

墓地問題の終息

PA200458.JPG
発掘調査が行われた用地の脇には、今も墓地反対の大看板

20日に遂に墓地の判決が実質勝訴となった。そう言えば19年末は、なんとも心おだやかならぬ年の瀬だったのを思いだした。そもそもはH1912月議会に、北柏墓地の建設反対の請願、陳情が出されたことが発端だった。11月の市議選を終えて一か月もしないうちに開催された議会だったが、この問題では市長は墓地の許可をする事前協議書を受理したことから、主に北柏駅に近い柏市民から請願がだされた。きちんと書面が整った以上は、行政が受理するのが成り行きで、もしこの先に事業に滞りが出たとなると、市は巨額(億単位)の損害賠償が求められるのも考えられた。通常は、委員会で継続の場合は、議会採択では継続審査になるのがほとんどだが、継続にするかをどうか審議の後に、新たな議会構成で賛成多数となった。こうした市民請願を受けて、一人違う判断をするのはかなりの調査の上の判断がいる。一人違う判断をした私には、議会後に両方の関係者から電話攻勢がかかった。

 年が明けて、柏市議らや北柏住民が事情調査に行ったところ、次々に農地の不正転用、名義貸しの実態が明るみに出てきた。その上に、提出書類に虚偽が見つかり、事前協議書が撤回になった。私も、相当に墓地開発の情報を調べたり、横浜・川崎市境の市民運動や船橋市、千葉市の議員に話を聞いて国のなし崩しの通達の現状に呆れるばかりだった。

H17
年、条例の改正の際は、私たち多くの女性議員が所属する教育福祉常任委員会で採択しており、墓地条例の問題点はそれなりに理解していた。そこで担当課に墓地条例の改正を進言した。墓地の担当課も、職員もどういう訳か変わってしまった。そうこうして、H20,12に墓地条例の改正が議案となって出た。しかし、その寸前に事業者が別途な墓地申請をしてこれを市は受理していたのだから、私は念入りに 議案質疑を行った。(以下、部分)

◆(海津にいな君) ・・・・細かい質問になってしまったかなと思いましたけれども、この質問は市長に向けてしなければならないなというような内容でしたが、樋口さんが随分丁寧にお答えいただけたので、ある程度の箇所はわかってまいりました。
 さっき、ここに挙げました5条と、それから28条あたりにも、市長がという言葉が主語として立ててあるわけです。それから、読んでまいりますと、市長が認めるところというのが文書の広範に出てくるというのがありまして、これ、つらつら数えてみたんですね。そうしましたら、30条まであるんですが、27カ所、「市長が」とか「市長が認める」という言葉が入ってきていまして、ほとんどこの条例、結構いいものができたとは思いますけれども、この中で市長の裁量というのが非常に大きい。どこで判断してどこで認めるのかというのが市長にかかわるところが大きくなってくるのかなと思うんですけれども。
 市民のためにつくる墓地でもありますけれども、どういう形でもって紛争も起こさずに設置ができるかというのを考えなきゃならないとすると、つくらなきゃというのと、この場合であれば、安らかに眠れる墓地ではないなという判断をしなきゃいけないというのも市長だと思うんですよ。非常に考え方とか市長の倫理観というのが大きく影響してくるんですけれども。今、こういう霊苑ができるときに、石材商とか、それからセレモニー関係の方が入ってきて、非常に紛糾してしまうということがあるようなんですけれども、私が調べました市川とか、それから千葉市なんかが、そういうことが起きているんですよ。ですから、市長のツルの一声でかなり決められてくるというところがあるので、市長は大変だなと思うわけです。この際、倫理観というのをお尋ねするまでもないと思うんですが、市長御自身は、こういう関係者、墓地とかセレモニーとか石材商とか、そういうおかかわりがないのかなと思う……

そして、請願賛成討論にも立つというダブルプレーになった。それほど私としては悩まされた案件だった。

今年、 6月には、たまたま北柏の住民から裁判の新情報をキャッチしたので、翌日の議会の質問に急遽はめこんで、かなり無理な形で質疑をしたが、それで多くの議員が委員会で質問をするきっかけを作れたのだと考えたが、その真意が伝わるかかどうかが無所属議員の苦しいところだ。議員の活動は100%理解されるものでもないし、無理を言われるのも仕方がないが、誠意を尽くし、私なりの最善の判断をするのは変えないだけだ。

「3点目、北柏駅周辺、根戸地区の見直しについて伺います。
 今、根戸地区は農用地として注目の場所です。柏の市境でもあります。北柏に接する根戸では不正な農地転用で大規模な墓地建設が始まろうとしているので市民が危惧しておりますが、今、星野市長は裁判に訴えられて、きのうは公判2回目、その様子をちょっと耳にしたんですけれども、大光寺から責任役員会議開催されていないというようなそんな資料が出されたようなこともちょっと耳に入っております。」

posted by Nina at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カテゴリ
日記(3467)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)