2008年09月25日

動物愛護

IMG_0604.JPG今週は、動物愛護週間(20-26日)です。少子化の中にあって空前のペットブーム、子供の数より犬猫の数の方が多いといわれる。しかし、その中で捨てられて、処分される犬猫も多い。

日曜日に市役所で開かれる市民委員会に行く折に、庁舎前で犬猫里親会が開かれているのを見かける。庁舎前を借りて、ボランティアで開催しており、毎月第3日曜日、11-2時に捨てられた犬猫の貰い手を捜す活動をしているという。

ttp://www.geocities.jp/miimaru22/satooyakai/satooyakai.html
会の活動をされている方と少しお話をしたが、ペットショップでは、売れ残った犬猫を処分してしまうし、動物虐待をする為にいたいけな動物達を貰っていく人までもいるから、それを見極めて渡すのだという。何とか少しでも無駄な命になるのを食い止めたいという。

この近隣には、旧昭南町に動物愛護センター東葛飾支所(
高柳1018-6  0471-91-0050)がある。こちらでも、小さな犬猫たちが貰い手を待ち望んでいる。

DSC00263.JPG我家でも、捨て猫だった白猫を飼って15年になります。

動物病院の前に6匹も捨てられていた仔猫の2匹を友人が貰うけてきたのを縁あって飼うことになりました。
実は、夫は猫は好きではなかったのですが、今はその猫(名前はレニ。友人よるとドイツの美人女優・監督から取ったとか)が、夫の靴音を聞きつけて帰ってくると、いの一番に迎えに出ます。猫は爪とぎをするからと嫌っていましたが、決められた場所でしかしません。猫背のはずが直立して長いこと立ってみせたり、多才な芸を披露し家族を和ませます。
ところが、人見知りするので、宅急便屋さんなどは警戒して隠れます。                     すっかり仲良くなったErin(ホームステイのお姉さん)は特別です。                                                                                  


DSC00014.JPGしかしながら、餌やる前に 「お座り!」をさせようとするとなかなかで、不承不承の態度をします。小さいながらも自己主張があるのです。

                      


                                                                                        Erin & Leni
                            
             
                                                                  
 

posted by Nina at 05:30| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カテゴリ
日記(3399)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)