2008年09月16日

老田コレクション

P9100173.JPG
我孫子市の鳥の博物館に、老田(おいた)氏から寄贈された貴重な鳥のはく製が15日まで展示され、最終日に行ってきました。岐阜県の高山市にある老田酒造(江戸時代・享保年間から13代にわたる蔵元)に併設の野鳥館が店舗の移転により閉館するため、コレクションの受け入れを打診された。山階鳥類研究所(我孫子市・高野山、鳥の博物館裏)、東京大学総合博物館と当市の博物館の3施設で受け入れ、目的に応じて管理すると調整もついたので、今回その一部を展示したもの。


P9100178.JPG鳥の博物館(鳥博)には時々たちよるが、知らない鳥の生態が少しずつ分かり、毎回新たな発見があってあきない。今回は、鳥博内にあるショップも覗いたが、ここにも新顔のグッズが幾つもあり、白樺派カレー、鳥博の絵柄のついたマグカップ、クッキー、一筆箋など、種類も結構増えている。手ごろな値段でお土産にも喜ばれそうなものを見つけたので、来月に韓国で国際会議がるので手土産に買ってみた。明日は環境生活常任委員会が開かれるが、商工観光の取り組みを質問する際にも紹介してみよう。
posted by Nina at 07:51| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カテゴリ
日記(3399)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)