2021年01月14日

亜鉛、風邪の予防と脳の健康

人間に感染する風邪のウイルスは、220種類以上あると推定されています。人の最もかかりやすい感染症が風邪です。風邪を治せなかったとしても、亜鉛の摂取などで感染を予防する方法はあります。British Journal of Clinical Pharmacologyで公開された2016年の研究では、“風邪にかかった患者は、その治療のために亜鉛トローチを推奨される場合がある”と報告されました。亜鉛値は慢性的に低下します、加齢により、亜鉛などの大切なミネラルは低下する場合があります。亜鉛を含む食べ物の摂取量が減ったりアルコールを定期に飲むことで、また亜鉛は、その量が血液内よりも10倍多いとされる脳に健康をもたらすための重要な役割を果たします。

脳の健康において、亜鉛はとても大切な役割を果たします。亜鉛が不足すると、思い出すことが難しくなる場合があります。ただし亜鉛は、考慮すべき重要な要素の一つ(もう一方は銅)とされています。亜鉛と銅の比率を理解することは、大切になる場合があります。両方のミネラルは共に、簡単な血液検査でテストできます。Journal of Alzheimer’s Diseaseで公開された研究によりますと、亜鉛の血中濃度の低下や銅の銅の摂りすぎは、認知症にかかる危険性を高めます。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の研究者であるデール・ブレザン博士によりますと、亜鉛と銅の最適な比率は0.8:1.2です。亜鉛の最適な血中濃度は90〜110mcg/dlです。

亜鉛は、私達の生命維持に欠かせない「必須ミネラル」です。髪の毛の約99%はタンパク質なので、亜鉛の吸収をいかに効率よくするかで動物性タンパク質・ビタミンC・クエン酸が必要いなってきます。サプリメントなどで摂取したとしても、その場合、最大男女30mg程度までにしておいたほうが良いです。これ以上毎日摂取し続けると、嘔吐、腹痛、めまい、発熱、下痢、貧血、ガン細胞発生、抜け毛が増える、肌荒れなどの症状が出ることがあります。

★亜鉛の吸収を助ける食べ物と一緒に摂ると吸収を助けてくれます。
1.動物性タンパク質
カツオ、マグロ、サバなどの魚類や豚ヒレ肉、鶏ささみなどの肉類、ヨーグルトやチーズなどの乳製品に含まれます。

2.ビタミンC
柑橘類、キウイ、イチゴ、アセロラ、トマト、カボチャ、ピーマンなどの野菜に含まれます。

3.クエン酸
キウイ、レモン、イチゴ、ミカン、梨、梅干し、酢などに含まれます。

☆亜鉛の吸収を妨げてしまう食べ物
1.アルコール
アルコールを摂取することで、アルコールを分解するのに大量の亜鉛が消費されやすくなります。

2.インスタント食品や加工食品
食品を加工する段階で、食材の亜鉛が多く失われます。また、これらの食品に含まれる添加物が、亜鉛の吸収を妨げてしまいます。

3.ホウレンソウなどの緑黄色野菜
ホウレンソウなどの緑黄色野菜と一緒に摂ることで、亜鉛の吸収を妨げてしまいます。

4.フィチン酸を含む食べ物
食物繊維、豆類、種実類などに含まれているフィチン酸は、亜鉛の吸収を妨げてしまいます。


posted by Nina at 20:46| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3742)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)