2021年01月06日

女性の自殺者急増

日本の自殺率は長年、先進7カ国(G7)で最も高くなっている。警察庁のデータによれば、昨年10月と11月の自殺者は、それぞれ約2200人、1800人。1月〜11月の自殺者は、1万9000人以上だ。10月の自殺者は、前年同月比で男性が約22%増。一方、女性は約83%増となった。新型コロナウイルスが日本においては、これまで以上に多くの人を自殺という選択に追い込んでいるようだ。これは、新型コロナウイルスによって日本経済が予期せず受けた影響で、失業者が増加、その7割近くが女性だ。これは、小売業やその他のサービス業で働く労働者に占める女性の割合が高く、「非正規雇用」の女性の比率が高いことを反映したものでもある。こうした働き方での仕事は、基本的にはパートタイムで、給料も手当も少なく、雇用の保障もほとんどない。現在の日本が抱える最も深刻な“持病”のひとつだ。

そして、日本政府が8年前、男女平等の実現を真剣に受け止めていると主張して以来、ほとんど何も達成できていないことを示すものでもある。安倍晋三首相(当時)は2012年の就任時、「女性が輝ける」場所に変える“ウーマノミクス”改革を約束した。2020年までに指導的地位に就く人に占める女性の割合を30%以上にするとの目標を打ち出し、企業経営者らに対し、より多くの女性を幹部に登用し、取締役会に加わる女性を増やすよう呼びかけた。残念ながら、新たに就任した菅義偉首相は、女性たちが受ける経済的逆風について、ほとんど何も語っていない。そして、彼が組織した内閣は、安倍前首相にみられたトークニズム(形だけの平等主義)を踏襲している。新たに閣僚に選んだ女性は、わずか2人。どちらも最重要ポストには就いていない。

世界経済フォーラム(WEF)は安倍前首相の在任中、(各国の男女平等の程度を指数化した)「ジェンダー・ギャップ指数」のランキングで、日本の評価を(2015年の)101位から20ランク下げ、(2019年には)121位とした。G7の1国である日本は、ベナン、アラブ首長国連邦に次ぐ順位となった。中国の台頭でアジアでも第2の経済国となって、金融の中心地としての地位の回復を目指す望むはずが、経済的に追い詰められて自殺者が増えているようでは、経済の回復などはとてもいえない。

政府は女性の就労率を約70%にまで引き上げたが、女性たちの大多数が、「非正規」フルタイム以外の形で働いている女性の割合、約66%の鏡像だ。社会学者たちは日本女性、特にシングルマザーたちの貧困率を憂慮していた。非正規雇用の従業員は、パンデミックが起きるなど経済的に困難な状況に陥れば、簡単に人員削減の対象にされる。

一方、エコノミストたちは、WEFのもうひとつの調査結果を重視している。それは、日本が女性たちに平等な競争の場を与えれば、それだけでも国内総生産(GDP)が約5000億ドル(約52兆円)増えるというものだ。さらに、米金融大手ゴールドマン・サックスの推計によれば、それはGDPを約15%押し上げる可能性がある。

ガラパゴスと揶揄される日本は、デフレだけでなく治癒が困難な家父長制と日本の既往症が染みつている。結局、閣僚になるような女性政治家も、家父長制を維持する旧来の性向であるのだから、デフレという日本の既往症の以前に根強い男女格差があある。今後、そうしたいかに予測不可能かつ危険な形で、新型コロナウイルスがもたらした混乱と融合しつつあるかについて、菅新首相が、女性の自殺者の急増に目を向けてくれることを願いたい、いかに予測不可能かつ危険な形で、新型コロナウイルスがもたらした混乱と融合しつつあるかについても新政権は考えて頂きたい。

出典:Forbs(https://forbesjapan.com/articles/detail/38829 政治経済 2020/12/17 掲載)
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

効果のあるなし

自分を変える絶好のタイミングがやってきた



本田直之


世界は一変させられてしまった、新型コロナウィルスの影響は、そのくらい大きなものでした。
それこそ日本の終戦後まもなく、まだ焼け野原があちこちに残っているような時期に匹敵する。

コロナが変えたのは、感染対策を意識した生活様式だったり、リモートワーク導入をはじめとした働き方の変化だったり、伸びた業界と苦況に陥った業界の明暗だったり、といったものが象徴的ですが、実はそれにとどまりません。

コロナは、人の意識を大きく変えたのです。その最たるものは、これぞチャンスと新しいことに踏み出していった人。
そして、元の世界に戻ってくれるのを、じっと待ち続けている人。

強制的にいろいろなものがリセットされていく中、多くの気づきを得た人も多かった。
はっきり理解しておかなければならないことは、もう元の世界には戻れない、ということです。
待ち続けても、戻らない。戻ったとしても、そこには元の社会はありません。
すでに、パラダイムはシフトしたのです。
それこそ、仮に今回のコロナが落ち着いたとしても、また同じことが起こるかもしれない。
第2のコロナ、第3のコロナがやってこない保証はどこにもありません。

やらなければいけないのは、アフターコロナへの対応です。
既存の仕組みを立て直そうとしている場合ではありません。
完全にシフトしないといけないのです。では、新しい時代に向けて、どうすればいいのか。

アフターコロナは、どんなキーワードが重要になるのか。

1つ確実に言えることは、まだ正解がない、ということです。
こうすれば確実、というものがない。
こういうときには何をしなければいけないのかというと、どんどん動いていくことです。
何かアクションを起こす。手数を増やしてみる。
最も危険なのは、じっとしていること。待っていることです。
じっとしていても、何も起きないから。
何も得られないし、何も成長できないから。

人生は実験だと思って、簡単にいくはずがないのです。


『パーソナル・トランスフォーメーション』KADOKAWA

本書の中で「実験」についてこう書いてある。

『いろいろなものに踏み出してみる。
実験してみる。失敗もあるかもしれませんが、そこから得られるものがあります。
だから、前に進める。成長できるし、進化できる。

そうやって、世界を旅しながら仕事をするノマドライフや、ハワイと東京でのデュアルライフなど、誰もやってこないようなライフスタイルを約15年前から実践しています。これからまさに求められてくるのは、こうした新しい実験だと思っています。
どんどん実験を繰り出す。何かやってみる。
そこから何かを得て、次のステップに進む。
そうやって、自分なりの正解を模索していくしかないのです。

誰かが作った正解を追いかけることが、本当に人生の醍醐味につながるのか。
それで楽しいのか。せっかくなら壮大な実験をして、自分だけの正解を見つけてみるべきだと思うのです。
コロナは、そのチャンスを与えてくれたと私は思っています。
そして、大事なことは、これからの1年、2年が、この先の人生に大きな影響を与えることは間違いない、ということです。

そこに気づいていたので、私はすぐにさまざまなアクションを起こしたのでした。
16年借りていたオフィスを解約しました。
ずっと避けていたYouTubeやインスタライブなど映像関係を、自ら配信するようになりました。
これもまた避けていたオンラインサロンもスタートさせました。

以前なら、絶対にありえなかったコワーキングスペース入居も決めました。
noteを書き始め、Voicyを始め、東大生たちによるベンチャー企業とのコラボレーションも始めました。

スマートフォンが登場したのは、わずか15年ほど前でした。
15年の間に、社会は一変してしまいました。
今じっと立ち止まって何もしないことがいかに危ういか、想像できるはずです。

今こそ、自分自身を変革していかないといけないのです。
そしてそれは、あらゆる領域に求められます。

働き方も、会社選びも、学び方も、生活スタイルも、幸せ感も。
今こそ、自分自身のあり方すべてを見直すことが、求められているのです。

ここに早く気づけるかどうかが、この先の人生を大きく左右する。
私はそう確信しています。危機的な時代、変化の時代は、誰もが苦しいものです。

しかし、振り返ってみると、厳しい時代にスタートさせたもののほうが、私はいつもうまくいっています。
その意味で、これだけの変化のタイミングはまさに絶好のチャンスだと思っていますし、そう思わないといけないと感じています。

大事なことは、すぐにでも走れるようにしておくことです。
そのための、自己改革、パーソナル・トランスフォーメーションを、スタートさせておくことです。』

トランスフォーメーションとは、変化のこと。
DXは、「デジタルトランスフォーメーション」のことで、ITの普及が、人々の生活をあらゆる面で良い方向に変化させるということ。

また、「ビジネストランスフォーメーション」は、「事業の構造改革」のことで、抜本的な改革のことを指す。
このコロナ禍で、今までとは違ったことを何も始めなかった、という人がいたら、おそらく、今後も何も始めない人だろう。

国家においても、企業においても、個人においても、このコロナ禍が間違いなくここ何十年のうちで、一番の大きな変化だということは確かだ。

そして、この大きな変化においてさえも、変わろうとしなかった人は、「進歩」とか「新しい」とか「チャレンジ」あるいは、「現状打破」、という言葉とは程遠いところにいる人、つまり、現状を維持しようとする人、ということになる。

アフターコロナのビジネスにおいても、生き方においても、その正解はない。
だからこそ、小さな実験を繰り返し、自分で正解を探ってみるしかない。


posted by Nina at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3742)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)