2021年01月03日

大河ドラマは変則的に

 大河ドラマ「麒麟がくる」は主演の長谷川博己が明智光秀を演じているが、コロナの影響でスタジオ録画が進まず、史上初の年を越えて正月3日に物語が継続しています。次のドラマ「青天を衝け」は主演・吉沢亮で渋沢栄一を主題に放送が予定。そして、2022年の大河は、鎌倉幕府の第2代執権・北条義時を主人公とした「鎌倉殿の13人」に決まっており、主演は俳優の小栗旬、脚本はヒットメーカーの三谷幸喜氏ということです。

posted by Nina at 17:05| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3742)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)