2020年11月30日

テレワークによる住まい方の変化

 熱海市の人口社会動態(転入・転出集計)では、今年9月末時点で転出が33人超過した。実は、テレワークを前提に平日も含めて長く滞在するという「コロナ禍」ならではの別荘購入が増えている。低金利も追い風で、三島信用金庫熱海支店によると、4、5月頃から「ローンを組みたい」という相談が増えた。

 購入希望者の中心は50〜60歳代で、その多くは都内に自宅を持つ、経営者や会社役員が目立つ。中には30〜40歳代のクリエイターなどもいる。いずれにしても高所得者が多いとみられる。売れ筋は1LDKや2LDK、70〜80平方メートル程度の温泉付きリゾートマンションで、価格帯は2000万円〜3000万円台が中心だ。テレワークに必要なインターネットの通信環境が悪い地域は敬遠されている。

 斉藤栄市長は、「不動産業の活況は経済効果につながる」と歓迎している。その一方で、人口増にならないことは、「過渡期を迎えたと前向きに考えたい」と受け止めている。市は通信環境を整備し、本拠地から離れた拠点「サテライトオフィス」やベンチャー企業などの誘致に取り組む意向だ。


出典:読売新聞(11/26)
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3701)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)