2020年11月29日

墓参り

CIMG5367.JPG

今年は、山茶花が見事に咲いた。ふと思って、ピンクに美しく咲いた花と線香をもち墓参りに行ってきた。

お祈りするとしたら、やはり三人目を出産する長女のこと、NYで自宅待機を余儀なくされて半年以上となる次女のことになる。

親は子供が30を過ぎても、ずっと心配しているものなのだと思った。きっとそれは我が両親とて同じだったのだろうと今さらに思う。

そう信じていられる自分の環境に感謝する、世の中に虐待や毒親が言われるし、世界の各地には扮装が絶えない地域もまだまだ多いのだから。

Blyth left the following death poem:

Sazanka ni kokoro nokoshite tabidachinu
(山茶花に心残して旅立ちぬ)

I leave my heart
to the sasanqua flower
on the day of this journey
posted by Nina at 01:25| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3701)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)