2020年11月06日

米大統領選のゆくへ

 民主党候補のジョー・バイデン(Joe Biden)前副大統領は勝利に必要な選挙人270人のうち264人を確保したとみられている。ただ、これはアリゾナ州を含めた場合の数字で、共和党の現職ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領の陣営は同州でトランプ氏が勝利できる可能性がまだ残されているとしており、そうなればバイデン氏の獲得選挙人は253人となる。

 一方、トランプ氏が現時点で確保している選挙人は214人のみだ。

 日本時間は6日午後2時にはジョージア(選挙人16人)、ノースカロライナ(同15人)、ネバダ(同6人)の3州で開票結果が発表される見通しだが、ノースカロライナでは選挙日以前に郵便で送付された票は11月12日まで集計が可能となっている。

バイデン氏は共和党地盤の南部ジョージア州で0.3ポイント差に詰め寄り、激戦州のネバダで僅差ながら先行、当選に必要な選挙人の過半数獲得へ前進した。民主党支持層の利用が多い郵便投票の集計で得票を伸ばした。バイデン氏はネバダ州を獲得すれば当選を確実にできる可能性がある。一方のトランプ氏が敗北を免れるにはネバダ州を獲得する必要がある。トランプ氏は、バイデン氏が先行している5州で不正があったと主張している。


出典 :AFPBB News【翻訳編集】
posted by Nina at 02:09| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3701)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)