2020年10月15日

大正時代の履物

DSC_0017.jpg  DSC_0018.jpg

以前は我孫子の駅前で下駄屋さんをしていたという、ご近所のアンティークショップのご主人が、「我孫子の百年前はこんな下駄で歩いていたんですよ。今時珍しい掘り出し物、新品だけどね。」と見せて下さいました。つまり、白樺派の紅一点、兼子さんが履いていたのが、裏のしっかりした高級下駄なのだそうで、確かにそうであれば貴重です。歴史を振り返ったきがしました。

posted by Nina at 18:03| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3649)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)