2020年09月12日

北斎70歳での作品、英国が購入

北斎の作品を日本国外では最も多く所蔵する大英博物館では、作品群をオンライン閲覧でも可能にするとの発表がされた。3日、葛飾北斎(Katsushika Hokusai)の「失われた作品」とされる103点を入手したと発表した。将来的には無料展覧会で展示される予定だという。同館が入手したのは、1829年に70歳の北斎が手掛けた未完本の挿絵。1948年に競売にかけられた記録が残っており、昨年フランス・パリで再発見されていた。

今回の作品は北斎に私的な問題が続いた後、創作活動が滞っていた頃の作品で、その点で特に興味深いものだとしている。北斎は、冨嶽三十六景の神奈川沖浪裏(The Great Wave)などの作品で国際的に高い評価を得ている。世界が認めた絵師だ。世界十大芸術家の1人と目され、日本のみならず世界で高い評価を受けている葛飾北斎。1999年にはアメリカの雑誌『ライフ』における企画「この1000年で最も重要な功績を残した世界の人物100人」において日本人で唯一ランク入りした(86位)。
hokusai.GIF  hokusai 2.GIF  
1831年刊行の『冨嶽三十六景』は名作中の名作だ。その『冨嶽三十六景』と並んで代表作と言われているのが『北斎漫画』で、19世紀中ごろには日本のみならず欧州へと伝えられた。この『北斎漫画』は、ジャポニズム(日本趣味)を引き起こすひとつの原動力となったのは否めない。『北斎漫画』は“ホクサイ・スケッチ”と呼ばれ海外でも人気を博した。パリでは神として崇められるほどで、モネ、ゴッホ、ゴーギャンなど欧州の画家たちは北斎の描写力と構図に感動し、自分たちの絵の中にも取り入れた。全15編から成り、約4000の浮世絵が収録されている『北斎漫画』の中から今回は「動植物・伝説の生物」を題材にした作品を中心にまとめた。北斎の並み外れた描写力がこのテーマでいかんなく発揮されている。表題の「漫画」は「気の向くままに漫然と描いた画」であることに由来しており、北斎自身が名付けたと言われている。

北斎は、人物、風俗、動植物、伝説の生物、風景、建築物、歴史などあらゆるものを題材にして、森羅万象、万(よろず)ごとを画にした希薄ある画家で、漫画の祖であったのだ。


 
参照HP:
https://www.afpbb.com/articles/-/3302804

ちなみに、北斎が多作であったのは、娘・栄の存在があったからと言われる。
週末なので、是非とも つづき もお読みください。つづき
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3612)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)