2020年09月04日

いいとも!



8月31日、安倍首相辞任の会見があった。首相の体調悪化については、8月4日発売の写真週刊誌『FLASH』の“吐血”報道が火種だった。7月6日の首相動静に5時間の空白があり、永田町ではこの間に吐血したのではないかという情報がめぐっていた。

「笑っていいとも」32年日々継続(2014)に出演した安倍総理、2007の辞任と入院中の様子など軽妙なやり取りをみせていた。タモリも新聞の官邸の動静を新聞の告知欄で見ていて、分刻みに多くの人に会っている様子に驚くとねぎらう。首相は、ジムで汗を流し体力維持をはかっていると語る一方で、タモリの朝のランニング習慣に触れ、巷の話題もそれとなく目配りしていることをアピール。マイナス思考にならないよう、反省もしながらも前向きに過ごす、ゴルフは自然に触れながらリフレッシュしていると、辞めようかと思ったことはないという言う。そのうちに一緒に飲みながら、長続きの秘訣を語りましょうかと、タモリ・・・。

何事も、朗らかに話している余裕の方だった。生放送で、首相が通常の要人へのお土産にする「いちご」についても蘊蓄するが、人を飽きさせない話術の持ち主だ。いいとも恒例のスタジオアンケートでは、政治家と握手したい人をスタジオに来ていた100人にどのくらいいるかとタモリが尋ねると、だいたい30人位かと思ったが、若い女性が多いので5.6人かな、などの臨機応変の笑顔を交えたトーク力はタモリとみごとな掛け合いで余裕だった。官房長官時代に、ビストロスマップにも出演した話がふられ、翌日は木村拓哉が出演する、いいとものリレーとなった。
口ごもらない、さわやかな話しぶりはこれまでの政治家にないものがあった。

持病を克服しての総裁復帰戦へのチャレンジ、最長不倒の8年間、政策の志向性に完全一致は誰しも望めないが、寸暇を惜しんで国内外を渡りあるき、政策決定していく迅速な動きには、政治家のみならず、政財界人の誰しも敬服した。氏の包括的な愛情がある表現は、一種のユーモアを交える余裕であり、真似できないと海津にいなも敬意を表していた。兎に角、お疲れさまでした。

現在、官房長官の菅が、不破、岸田の三候補の中で最有力との下馬評である。早くも、衆議院の解散・総選挙について取り沙汰されている。
(敬称略)つづき
posted by Nina at 08:35| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3612)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)