2020年04月02日

青木功、上橋菜穂子の両氏を我孫子市の名誉市民に

我孫子市制施行50周年を記念して、青木功氏(プロゴルファー)と上橋菜穂子氏( 作家)を新たな名誉市民とした、と発表しました。

昨年末、2020年9月にアニメ映画『鹿の王』公開が予定されるとの発表があったが、原作は、2015 年の本屋大賞受賞、第 4 回日本医療小説大賞を受賞し、シリーズ累計190万部を突破した、上橋菜穂子氏による同名小説「鹿の王」でした。「本屋大賞」とは全国の書店員が最も売りたい本として選ばれる。上橋氏は、同市内に所在する川村学園女子大学特任教授、我孫子市在住されいた当時に、景観のよい散歩道を歩いては作品のイメージを膨らませたと常々言われていた。1983年に青木功氏がハワイアンオープン(日本人初のアメリカPGAツアー)で優勝した年に最初の我孫子市・市民文化スポーツ栄誉賞を受賞。上橋氏は2014年に同賞を受賞された。お二人の世界的な活躍を評して、3月議会において全会一致で議決し名誉市民を発表した。
posted by Nina at 15:30| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3742)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)