2020年02月05日

母乳実話

 ウガンダ北東部カラモジャ地方の母乳調査では「成人男性は活力が湧くと病みつきになっているから、なかなか(母乳を)やめない。女性はパートナーにノーとは言えない。母乳を飲みたがる男性は女性がノーと言えば暴力を引き起こしかねない。大きな問題だ」と指摘した。そしてタンザニアやケニアの一部地域でも、男性がパートナーの母乳を飲むのは珍しいことではないともわかってきた。

 この行為は、では「栄養学の専門家は、この地方では一般的な慣習だが、それは一種の暴力だと主張している。酔っ払うと、力づくで母乳を求める男性もいる」とルクンド博士はジェンダーに基づく暴力と結び付けられていると話した。

 助産師や栄養士を含む医療関係者が研究チームに報告した中には、パートナーが母乳を欲しがるために赤ちゃんには粉ミルクを与えなければならなかったケースや、男性に母乳を吸われた際に乳首の感染症を患うか、乳首をかまれて傷を負った女性が来院したケースもあった。また、男性の唾液から赤ちゃんが交差感染する危険性もある。


参照:The Guardian(2/4)
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3648)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)