2020年01月13日

8050問題

引きこもり状態にある人と、その生活を支える親が、ともに高齢化し、生活が行き詰まることは、それぞれの年齢から「8050問題」と呼ばれている。

 引きこもり状態にある子どもが1人いたとしても、生活が破綻するほどの経済的負担になるわけではない。どうしていいか分からないまま時が過ぎ、親子が高齢化していけば、最悪の場合、親子とも孤立死することもあるだろう。 子が親の遺体を放置していることが発覚し、ようやく問題が顕在化することもある。

 ただ、引きこもり状態にある人が「認知」されても、その対応を求められる市町村には何のノウハウもない。

 認知された後、それを福祉につなぐべきなのか、就労という経済政策で対応すべきなのか、はたまた医療の出番なのか、判断できるだけの経験を持った職員はほとんどいないだろう。

内閣府が2018年12月に実施した調査を基に推計したところ、40〜64歳で引きこもり状態にある人が全国に61万人いるという結果が出た。ただし、この推計は5000人を対象にしたアンケート調査の回答から、「引きこもりに該当する」と、同府が判断した47人をベースにして割り出している。

 調査の回収率は65%で、35%=1750人は回答していない。回答しなかった1750人の中に「引きこもりに該当する」人がどれだけ含まれているか分からない以上、61万人という推計も机上の空論に思えてならない。



参照:時事ドットコム 2019/12/29)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019122500252&g=soc
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3651)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)