2019年07月04日

日米安保条約の見直しの見直しか?!

 安倍晋三首相は3日、テレビ朝日の番組で、日米安全保障条約見直しを主張するトランプ米大統領にその必要性を「アジア太平洋地域の米国の権益を、日本の基地を使って守ることができる。米国の空母を整備する能力は日本にしかアジアにはない」と強調。「(トランプ氏に)そういう説明をすると、その段階では納得していただいている」と語った。その際、「安倍さんの説明は天才的だ」と言われたことがあると明らかにした。

 にまた、トランプ氏が6月、大阪市であった主要20カ国・地域(G20)首脳会議終了後に記者会見で改めて日米安保条約見直しに言及したことについては、「もしかしたら(見直しの)気持ちがあるかもしれないが、日米同盟は世界の平和と安定に大きく寄与している」と語った。

 これに対し、立憲民主党の枝野幸男代表は「米国から必要性に疑問がある武器の購入が非常に急に増えている」と指摘。そのうえで、「プレッシャーを受ける中、米国からいろいろ押しつけられているのではないかと疑いを持たざるを得ない。もっときちんと、米国に対し(日米同盟が)相互契約であることを訴えるべきだ」と主張した。

 3日のニューヨーク株式相場は、米国の利下げ期待が高まる中、4営業日続伸した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比179.32ドル高の2万6966.00ドルと、昨年10月3日以来9カ月ぶりに史上最高値を更新して終了した。

 ハイテク株中心のナスダック総合指数も61.14ポイント高の8170.23と、5月3日以来2カ月ぶりに最高値を塗り替えた。
 朝方発表された6月の全米雇用報告によると、非農業部門の民間就業者数は市場予想を下回る伸びとなった。低調な経済指標を受け、市場では米連邦準備制度理事会(FRB)が今月末の連邦公開市場委員会(FOMC)で利下げに踏み切るとの見方が広がった。

参照:毎日新聞 (7/3)

 なぜ、日本株は当面下げないのか・・・つづき
posted by Nina at 08:26| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3499)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)