2019年06月08日

ダイヤモンドアスリート

 陸上大国の全米学生王者を決める男子100メートル決勝。世界が認める大器が日本の100メートルの歴史を鮮やかに塗り替えた。米フロリダ大のサニブラウン・ハキームが7日(日本時間8日)、全米大学選手権決勝で9秒97の日本新記録をマークした。

 陸上で全米トップレベルのフロリダ大はサポートスタッフや分析機器が充実し、高いレベルで刺激を受ける。
 福岡県北九州市出身。ガーナ人の父と日本人の母を両親に持つ。母親は100mとハードルで全国高等学校総合体育大会陸上競技大会に出場した経歴をもち、父親はガーナ人のアスリート一家。文武両面で最も良い環境で学べるように、日本では塾に通って英語力を磨いてきた。2017年春に東京・城西高を卒業し、同年秋からフロリダ大へ。海外の大会への参加手続きで苦労した経験から引退後の選択肢として代理人に興味を持ち、国際的な視野でスポーツマネジメントを学びたかったという。
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3540)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)