2019年06月04日

6月議会の質問

 海津にいなは、3期12年の議会ごとに毎回登壇してきた。
単純に男女比較してみると男性議員の中には全く登壇しないという議員、年間4回の議会のうち半数ほどの登壇という方が多い。毎回登壇することへのプレッシャーがいかに大きいかというと、実は議員席に向かって議長籍の下の高い壇上に登って質疑していた1,2期目のほうが、全議員の視線、時折はヤジを受けるので、汗をかいた。当時は期数の長い議会を知り尽くした方が議長席におり、後ろから質問事項にないなどと質問を差し止めようとしたり(録音を聞き直して、質問事項にあったと確認された)など、かつての議会との比ではない。それとも、議員として10年選手となったからだろうか(今回の議会で、10年表彰を受けることになった)。

 いつも質問は、市民の皆様からご相談いただいた点を、時期時流を考慮して質問通告に織り込むにしているので、傍聴に来て下さる方がいると背中を押されているような気持になれるので、とてもありがたい。傍聴は予約申し込みなどの手数はいりません、お時間の許す中で入退室は自由です。

 毎回の議会の登壇順は、くじ引きで決まり、海津にいなは2日目の11日午後2時ごろ、多少時間が前後することがあるのでご了承を。
 今回の質問は、次の通りです:

(1) 森林緑被に新税
ア. これまでに確保した実績
イ. 今後の緑被率をどの程度にあげていく目標か
ウ. 緑の基金の実績、寄付の呼びかけ
エ. これまでの緑化保全活動の把握と予算の増減
オ. 市に寄せられてきた緑地保全の要望と課題

(2)男女共同参画都市の実績
農業委員に関する法律が変わったが、女性が少ないままを是正すべき。
政府目標は、女性割合を2020年までに30%とされるので、当市も是正すべき課題がある。
ァ.我孫子型農業の中で女性委員の数をもっと増やす努力が必要ではないか。
イ.女性消防団は活動の性質上、チームが成立するように募集活動の工夫する必要がある。目標数を掲げて人員増加の積極策を。

(3)産業拠点土地利用、つくし野地区
ァ.つくし野住宅公園跡地も、対象にするべきでは
イ.地域連携で、今後の展開を有利にさせる地域連携で、ウエルネス産業への可能性をもたらす
ウ.融資特例措置など利用したのは何社あるか
エ.さらに強力な融資策は

(4)市内公共施設の利用
ァ.GW入館者数を例年比較しての増減
イ.通常開館時間以外の取り組み
ウ.各施設の利用者への接客姿勢について
エ.指定管理者による施設、そうでない施設
オ.市の管理責任と委託について


DCIM0021.JPG

近所のお店で特注テイクアウトのお弁当で、控室にこもり原稿書きに明け暮れる日々・・・・
posted by Nina at 00:00| 千葉 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3399)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)