2019年04月25日

極東を巡る政治の裏表、プーチン大統領と北朝鮮

政治に権力がはびこると、一般の人々の力では及ばない展開がおきるもので、日本の近海である極東地区にもみられる。
 金正恩氏は今月25日、プーチン露大統領とウラジオストクで初の首脳会談に臨む予定となっている。
 
 北朝鮮の金正恩氏がウラジオストックに到着した際に最初に出会うコジェミャコ知事の知事代行の任命、それまでの知事選挙(ロシア初の腐敗選挙見直し再選挙)は複雑怪奇だ。本文の「つづく」に追記に記したが、朱色の文字をクリックして読んでいただきたい。プーチン氏の巻き返し策でどのようなパワーバランスがなされるのか、今後を見なくてはならないだろう。

・・・・・・・・・・・・・・
 
 ロシア極東沿海地方のコジェミャコ知事は24日、同日夕に極東ウラジオストクに専用列車で到達した北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の滞在中に、ボルシチ(ビーツのスープ)やペリメニ(水餃子)、イクラなど、ロシアの伝統料理を振る舞う意向を示した。露国営テレビのインタビューに答えた。 コジェミャコ氏は、会談場所となる極東連邦大学に併設されたホテルに滞在する金正恩氏に提供する料理を尋ねられ、「ロシア料理を代表するボルシチやペリメニのほか、イクラも欠かせない」と話した。ロシア料理の提供は北朝鮮側の要望に基づくものという。

ただ、金正恩氏の訪露団には料理人も帯同しているといい、コジェミャコ氏は「金正恩氏には多種多様な選択肢があるだろう」とつけ加えた。

 出典:産経新聞【4/24 ウラジオストク=小野田雄一】つづき
posted by Nina at 09:09| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3535)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)