2019年04月21日

NHK大河ドラマ いだてん

NHKには、お問合せフォームというネットで意見をいえる方法がありました。そこで、次のような質問(提案)を書いて送ってみました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎週、「いだてん」を見て、髭の嘉納治五郎、足袋で走り続ける金栗四三の姿を見て、毎回感動しています。
視聴率が低迷したままであるのを知ると残念ですが、近現代のストーリーに興味がないと見ないのでしょう。登場人物がユニークで、これほど血わき肉躍る物語が、大正ー昭和に実際にあったとは面白くて為になります。
嘉納が我孫子(千葉県)に関係があるとは知られていないが、我が地元、我が母校です。別荘人としてきていたが、借財で全て売却しても別荘だけは残したと、最近の地元の調査で判明。この英傑を市内外に知らせたいと顕彰碑の建立基金運動を推進中で、オリンピックの年に建てるために一丸となって事業を推進しています。震災で放射能被害を受けながらも、駅伝全国優勝など、子どもは元気いっぱい、聖火リレー地にもなれと、市一丸となって頑張ってます。借財が増えても、唯一別荘は一族に残されたとは最近の地元の調査で分かってきました。これだけの英傑を市内外にしってもらおうと顕彰碑の建立基金を始めています。


そこで我孫子の嘉納治五郎について、大河ドラマ終了後のスポットで紹介するのはどうでしょう。当時をしのぶ佇まいが残る東京から、JJ直通45分の街です、ご連絡をお待ちしています。

posted by Nina at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3507)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)