2019年04月20日

CCC(cross-culture communication),英語でディスカッション

CIMG4310.JPG

本日のCCCでの話は、ダイエットへの関心が中心でした。上記は、英語リーダーのジェイソンが描いた図。
アメリカ人の多くが糖尿病だという事態から、どうもダイエットやサプリメントへの関心が高まったのではないかしらん。
小麦粉アレルギーもかなりの数の人がかかっているようだ、しかし、花粉症で苦しむ日本人とどっちが大変か、今のところ両方の兆候はない海津にいなにとっては、天の助けではある。しかし、緑内障だとの忠告を受けて年なりに定期検診にいかなくてはならない。考えるところ、毎朝の駅頭が紫外線を浴びて、目に影響したのではと思う。

よもやま話は、子供の話から、日本では幼児のうちから周りを気にして同じになるように心がけるようで、そこがアメリカ人とは大きく違うと思うとジェイソンが指摘。幼稚園で七夕の短冊に何が欲しいか書くのに、友達の短冊を見て描き出したから、皆が犬がほしいと書いたのだと話してくれた。自分の意見をしっかり持って表明する教育をするアメリカとは大いに違うところだといって、一同、さもありなんと納得した。出る釘は打たれる、だから出ないようにそろえることになる。それが良い子だと教えられる。だが、ジェイソンの言うように、個を大切にして自分の意見を言えるようになるのは、これからの日本人には必要だ。人と違って、みんないい、でも未だにそうもいかない現実ではある。子供たち、孫たちの時代はそういう点で励まして、育てていきたい。

次回は、5月18日(土)我孫子北近隣センター(並木)です。
どうぞ、見学にいらしてご参加ください!

posted by Nina at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3467)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)