2019年04月14日

相続税のアップ、空家の増加の次世代対策

近年、税制改正によって相続税が実質的増加となり、ライフスタイルも変化しつつあります。このような背景から、自宅を活かせる賃貸併用住宅が注目を浴びるようになりました。ところで、賃貸併用住宅がなぜ注目されているのか、疑問を持っている方も少なくないでしょう。賃貸併用住宅が注目される理由は、税制改正と相続税の基礎控除の引き下げにもあると考えられます。そこで、相続対策を考え始める人が増え、相続財産評価を引き下げることができる賃貸併用住宅に注目が集まったのです。

次は賃貸併用住宅のメリットや利用する上で注意すべきポイントです。

@固定資産税の節税効果が期待できる
自宅の所有にかかる固定資産税の軽減措置があります。
課税標準額の特例によると、1戸あたり200uまで課税標準額を1/6に減額してもらえます。所有する土地が200uを超えた部分については、課税標準額が1/3に減額されます。この場合、もし賃貸併用住宅を建てることで、戸数が2つになれば、さらに200uが1/6の減額特例の対象になります。

A相続税の評価額を減らすことができる
まず、賃貸併用住宅の場合、賃貸部分について評価減の特例の適用を検討することができます。
賃貸部分については、自宅部分より低い評価額となるため、相続税を低く抑えることができます。
さらに、相続税の計算上、小規模宅地等の評価額の特例が適用できる場合、大幅な評価額の減額が認められます。

配偶者や同居の子供が自宅を相続する際、最大330uまで80%の評価減も可能です。ただし、相続人の住まいの状況について厳しい条件が付いています。例えば、相続人としての子供が別居の持ち家に住んでいる場合、この特例を受けることができません。
posted by Nina at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(3507)
ニオュ(0)
歴史(0)
chiba(60)